拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

デジタル・トランスフォーメーションにまつわる5つの誤解

破壊的ではなく段階的アプローチを採用せよ

著者:ネイサン・ファー INSEAD 助教授  アンドリュー・シピロフ INSEAD 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数14 ページ
発行年月2019年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

企業幹部の多くは、デジタル・トランスフォーメーション(DX)とは何かについて理解するのに苦労している。彼らの多くは、DXが既存ビジネスの根本的な崩壊をもたらすものであり、テクノロジーへの巨大な新規投資を伴うものととらえている。さらに、リアルを捨ててデジタルへ完全に移行し、そしてテック系スタートアップの買収を伴うものだと考えている。たしかに、そのようなパラダイムシフトが起こる場合もある。だが、筆者らの研究によれば、DXの本質は、組織に大混乱をもたらす破ディスラプティブ壊的なものではないという。実際は、より段階的なアプローチを使用することで成功している企業が多いからである。60社以上のインタビューを通して、DXにまつわるよくある誤解について明らかにする。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -