拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 論文

外的成長を支える組織能力の飛躍的向上

合従連衡の進化を目指して

著者:本田桂子

価格(税込)¥550
サイズA4
ページ数18 ページ
発行年月1996年 9月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

"エクスターナルグロース"と合従連衡:経済成長は全体としては鈍化しており、1970〜80年代のように、さまざまな事業分野の至るところで急成長、という状況は存在しない。それなのに、である。開発コストや投資の規模は巨大化の一途を迫り、巨額を投じた製品のライフサイクルは短くなっている。成長分野のマルチメディアなどでは、必ずしもこれまでの経験やスキルが活きない不連続な変化が起こっている。産業構造の変化が生じている業界も多い。時代は大きく、そして速いスピードで変わっている。このような中、企業を活性化させる新しい成長源を求めて、頭を悩ませている経営者も多いのではなかろうか。これまで多数の日本企業が達成してきた成長は自力・自前によるものであり、"インターナルグロース"(内的成長)とでも呼べるものである。ところが、自社内ですべて、いちからなんでもやるという自前主義に固執せず、他社を活用することにより、優れた戦略を展開して成長を達成している企業がある。このタイプの成長を、“エクスターナルグロース"(外的成長)と呼ぶことにしよう。いくつか例を見てみよう。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -