拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
トップページから会員登録すると、
無料で全文閲覧できます。
※閲覧にはAdobe Reader®が必要です
◆ 経営史(BH)

京成と京王帝都




価格(税込)¥1,620
サイズA4
ページ数63 ページ
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

いずれも軌道として発足した二つの私鉄会社、京成と京王帝都のうち、終戦直後は京成が優位に立ったが、徐々に両者の業績、資金内容は逆転していきオイルショック当時は大差がついてしまう。しかも、京成は赤字無配という大手私鉄として異例の事態に落ち込む。このような成長過程の差が二つの会社の間に生じた理由を歴史的に経営コンセプト・トップ・マネジメント、労使関係等の要因に即して検討し、解明する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

日本における経営者企業の発展8ページ¥216(税込)
財閥史における住友と古河T16ページ¥405(税込)
渋沢栄一14ページ¥378(税込)
鈴木商店における失敗のケース10ページ¥243(税込)
政商三菱の得失6ページ¥162(税込)
第一次大戦後における日本郵船の「失敗」12ページ¥324(税込)
岩崎弥之助時代の三菱財閥10ページ¥216(税込)


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -