拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
トップページから会員登録すると、
無料で全文閲覧できます。
※閲覧にはAdobe Reader®が必要です
◆ 国際経営(IB)、経営環境(BE)、技術経営(Mその他(OT))

トヨタのリコール危機-Sudden Unintended Acceleration-




価格(税込)¥2,937
サイズA4
ページ数64 ページ
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

1998から2007年までの10年間にトヨタは急成長と遂げ,名実ともに世界一の自動車企業となった。2008年9月のリーマン・ショックをきっかけに,自動車需要が世界的に縮小したが,トヨタは自動車企業の中では最も有利な状況にあり,北米,日本における減税措置もあって,トヨタ車の販売は回復し,最悪期を脱したかのようであった。ところが,トヨタ車の欠陥,とりわけアクセルペダルが原因とされる急加速による事故の報告が,2009年の秋以降,北米を中心に増加していた。当初,トヨタ社はフロア・マットの不具合を原因としていた。これに対して,規制担当のアメリカ合衆国運輸省のNHTSAは,原因はアクセルの機械部分にもあるとし,2010年1月に入るとマスメディアはトヨタ批判報道を展開するに至った。トヨタはアメリカ合衆国,ヨーロッパ,日本で大規模なリコールを行うに至った。このトヨタ車のリコール危機の予想外の急加速について,事実関係の経緯,マスメディア,政府,トヨタの対応を記述し,欠陥の原因,対応の適否,広報活動のあり方を議論する。(2014年8月改訂:新しい情報を補い改訂を行った。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -