拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

学習優位の戦略

「ラーニング」と「アンラーニング」の良循環

著者:名和高司 マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数15 ページ
発行年月2003年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

ハーバード・ビジネススクールのマイケル・ポーター教授は、かつて日本企業を、オペレーション能力には長けているが、戦略不在だと指摘した。
しかし、その代表企業と目されたトヨタ自動車は今日もグローバル市場で勝ち続けている。
環境変化の速い時代においては、確固たる戦略の立案ではなく、むしろ事業を通じて学習し蓄積された経験知が競争力をもたらすようだ。
筆者は、この知識を「ファミリアリティ」と呼ぶ。
本稿では、ファミリアリティを高め、学習優位を獲得した企業が、次世代の競争優位を構築できることをトヨタ自動車、IBMの事

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -