拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

リーダーの「心配り」が問われる時

組織に「癒しの力」を宿らせる

著者:ジェーン・E・ダットン ミシガン大学ビジネススクール教授  ピーター・J・フロスト ブリティッシュコロンビア大学 教授  モニカ・C・ワーライン エイモリー大学ゴイズエタ・ビジネススクール助教授  ジャコバ・M・リリウス ミシガン大学組織心理学部博士課程  ジェイソン・M・カノブ ミシガン大学組織心理学部博士課程

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2003年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

一歩外に出れば「赤の他人」と言わんばかりに、会社とプライベートは別物と割り切る人は多い。
居心地の悪さを感じる人もなかにはいるだろうが、日常において何ら問題はなく、また問題視すべきでもない。
しかし、だれもが不幸や災難に見舞われる可能性がある。
このような事態にだれかが陥ってしまった場合、個人主義やビジネスライクの延長で対処しては当の本人のみならず、同じ職場に働く人々にとってもかえってマイナスになりかねない。
精神的ダメージは伝染しやすいのだ。職場の問題を解決するのはリーダーの責務である。
「意味の文脈」

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -