拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

セカンド・ブランドを開発して過剰在庫を解消すべきか

供給過多がもたらした飽和市場と大量在庫

著者:[コメンテーター] ダン・シュルマン ヴァージン・モバイル・アメリカ CEO  ディーパク・C・ジェイン ノースウエスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 学長  オスカー・デ・ラ・レンタ オスカー・デ・ラ・レンタ 会長  アレクサンダー・L・ボレン オスカー・デ・ラ・レンタ CEO  トーマス・T・ネーグル ストラテジック・プライシング・グループ 創設者兼会長  [ケース・ライター] アイダレーネ・F・ケスナー インディアナ大学ケリー・スクール・オブ・ビジネス 教授  ロックニー・ウォルター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2005年 8月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

〈ネプチューン・ゴールド〉は水産加工品の高級ブランドである。
ところが、豊漁と新技術の導入によって、供給が需要を上回り、商品そのものは好調にもかかわらず、在庫は膨れ上がっていた。
ここに、営業部門から在庫一掃を目指して、大幅な値下げを提案してきた。
しかし、この策は利益を犠牲にするばかりか、ブランドを傷つけかねない。
すると、議論がすり替わるかたちで、セカンド・ブランドという案が浮上する。
これは一考に値するが、このせいで在庫問題は脇に置かれてしまった。
また、口で言うほどに新規ブランドの開発は容易ではな

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -