拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

「愛すべき愚か者」と「有能な嫌われ者」の活用

部下を好き嫌いで判断してはならない

著者:ティツィアーナ・カシャーロ ハーバード・ビジネススクール 助教授  ミゲル・ソウザ・ロボ デューク大学 フュークア・スクール・オブ・ビジネス 助教授

価格(税込)¥660
サイズA4
ページ数8 ページ
発行年月2005年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

人はどのような基準で同僚を選別するのだろうか。
多くの人が「好き嫌いよりも実力を評価する」と言うが、多様な組織において、その人間関係の実態を調査したところ、実は、これは建前でしかないことが判明した。
「有能な嫌われ者」は組織のパフォーマンスを害し、「愛すべき愚か者」のほうが重宝されていたのである。
しかし、嫌われ者はコーチングやインセンティブによって改善できる。
愚か者も組織の精神的支柱の役割を与えることでいっそう貢献できる。
つまり、上司が好き嫌いで判断することなく、その長所を伸ばすことで、部下の短所は

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -