拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 生産・研究開発

R&Dに「破壊的イノベーション」理論を応用する

成功確率を高めるために

著者:スコット・D・アンソニー イノサイト マネージング・ディレクター  マット・アイリング イノサイト・キャピタル マネージング・ディレクター  リブ・ギブソン ベル・カナダ・エンタープライズ コーポレート・アドバイザー

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数14 ページ
発行年月2006年 8月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

イノベーションの成否を予測することはできない――。
ほとんどのビジネス・リーダーがそう考えている。
しかし、クレイトン・クリステンセンが唱えた「破壊的イノベーション」という考え方を応用すると、イノベーションの成功確率を高めることができる。
本稿では、イノベーションが期待できる分野の見つけ方、イノベーション・シーズの見極め方、初期投資のあり方、経営陣の意思決定プロセスなどについて、インテュイットやダウコーニング、P&Gやモトローラ、ヘルス・ケア企業などの事例を引きながら解説する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -