拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 生産・研究開発

新興国企業へ賢く生産委託する法

製造アウトソーシングのリスクとチャンス

著者:ベニート・アルニャーダ ポンペウ・ファブラ大学教授  ショセ・H・バスケス ヒゴ大学准教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数14 ページ
発行年月2007年 8月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

1981年に始まったIBMのPC事業は、当初から製造は外部に委託された。これ以降、製造アウトソーシングは、玩具、衣料、靴、ビール、医薬品などの日用品にまで拡大し、現在では自動車にまで広がっている。受託製造業者を使えば、完成品メーカーはコストを削減でき、付加価値の高いR&D、営業やマーケティングなどの活動に専念できる。しかし、端緒を開いたIBMのPC事業が2005年に、製造委託先である中国企業の聯想集団に買収されたように、委託する完成品メーカーと受託業者との関係も変容してきている。最近では、みずから最終市場

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -