拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

ケイパビリティ競争論

顧客を起点とした組織能力がカギ

著者:ジョージ・ストーク ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー  フィリップ・エバンス ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー  ローレンス・E・シュルマン  ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数17 ページ
発行年月2008年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

コア・コンピタンスとケイパビリティは混同されがちだが、前者は、バリューチェーン上の特定のプロセスにおける技術力ないしは製造能力を意味しており、後者はバリューチェーン全体に及ぶ能力のことである。両者は似て非なるも、相互補完的である。競争の勝敗は、他社よりも優れたケイパビリティを構築し、これを状況に適応するかたちで発展できるかどうかにかかっている。1992年発表の本稿は、ウォルマート、ホンダ、キヤノンなどの企業の成功体験から、ケイパビリティ競争の基本原則を解説している。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -