拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 人材開発

コーチングの課題

ビジネス・コーチ140人への調査結果から考える

著者:ダイアン・クーツ HBR誌 シニア・エディター  キャロル・カウフマン ハーバード・メディカルスクール 助教授

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2009年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

コーチングは、かつては「問題管理職」の矯正が目的だったが、いまや「Aクラス人材」のパフォーマンスを最大化するためのツールになっている。しかしながら、コーチングという領域はいまなお未成熟であり、たとえば、費用対効果、コーチの質や職業論理、その評価方法、コンサルタントや心理療法士との棲み分けなど、明らかにすべき点は多い。本稿では、140人のビジネス・コーチへのアンケート調査、ならびに5人の専門家の意見を紹介しながら、コーチングの真の役割、コーチングを受ける側の注意点などについて考察する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -