拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ イノベーション

「インサイド・アウト型」オープン・イノベーション

社内の知を外部化し、新規事業を創造する

著者:ヘンリー・W・チェスブロー カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス客員教授  アンドリュー・R・ガーマン ニュー・ベンチャー・パートナーズ創業者兼マネージング・パートナー

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数14 ページ
発行年月2010年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

これまでオープン・イノベーションといえば、社外の技術や知識を社内に取り込む「アウトサイド・イン型」のことだったが、とりわけ不況期では、その逆の「インサイド・アウト型」に注目すべきである。これにより、時間や資金を節約できるばかりか、埋もれていた技術や知財の再活用、低コスト/低リスクの新規事業の創造とスピン・オフ、これを利用したリストラ、新しいパートナーシップやビジネス生態系の開拓などのメリットにあずかれる。本稿では、BT、イーライリリー、ルーセント・テクノロジー、エアープロダクツ、
フィリップス、ユニリーバ、SAP、メルクなどの事例を紹介しながら、インサイド・アウト型オープン・イノベーションについて解説する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -