拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 論文

業務プロセスにおける情報コンテンツに着目した機能の関連性の定量化手法



著者:梅室博行  圓川隆夫(東京工業大学)  平岡真一郎(ライオン株式会社)  五十嵐秀尚(三菱商事株式会社)

価格(税込)¥550
サイズA4
ページ数18 ページ
発行年月1998年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

管理・間接部門において業務プロセスを分析し効率化するためには,現状(as-is)のプロセスのモデル化とともに,プロセスの効率性を定量的に評価し,望ましい(to-be)プロセスヘの指針を与える分析手法が重要となる.本研究は,IDEF0によってモデル化された業務プロセスを対象に,構成要素である機能間の関連性を機能の類似性によって定量化し,結合度が小さく凝結度が大きい機能群を抽出する手法を提案し,プロセスの改善のための指針を与えることを目的とする.管理・間接業務において機能は入出力の情報の内容(コンテンツ)により特徴づけられるので,情報をその内容によってカテゴリに分類し,各アクティビティのI,C,0の情報の内容がどのカテゴリに属すかによって機能の類似性を定義する.そして数量化III類により機能の類似性を定量化し,結合度/凝結度に基づいた機能群を抽出する.さらにこの手法を実際の製造業のロジスティクス業務に適用し,手法の適用可能性を確認する.

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -