拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 論文

競争力分析ではなぜ不十分か

世界一流の業績をべンチマーキングする

著者:A・ステイーヴン・ウオレック A.Steven Walleck  J・デイヴィッド・オハロラン J・David Ohalloran  チャールズ・A・リーダー Charles A.Leader

価格(税込)¥550
サイズA4
ページ数26 ページ
発行年月1994年 9月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

従来より行われてきた競争力分析は、コスト、品質、納期に関して、同業者との競争力の差を定量化するものであり、戦略策定上の強力なツールとなっている。しかし、これのみでは卓越した業績を生み出すような経営のスキルやプロセスについて、深い理解を得るのに限界がある。むしろ、自らの業界にとらわれることなく、世界一流の業績を.「ベンチマーキング」(経営目標を設定するために、徹底的に分析すること)すれば、業績のギャップを定量化するだけではなく、個別の製品評価を超えて、生産や経営管理のプロセスの比較にまで目配りできる。「ベンチマーキング」を行うことによって、その企業が世界一流の水準に達するのに、業務ごとあるいは業務横断的な運営において、どの程度の改善が必要かが明らかになる。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -