拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 論文

米国、ドイツ、日本における製造業の生産性比較

「生産性リーダー」の経営手法に学ぶ

著者:マッキンゼー・グローバル・インスティテュート McKinsey Global Institute

価格(税込)¥550
サイズA4
ページ数14 ページ
発行年月1994年 9月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

労働生産性は、各国の経済力と国民生活水準を決定する基本的な要素である。こうした考えに基づき、McKinseyGlobal Institute(MGI)では、1992年サービス産業の労働生産性調査を行った。これに引き続き、1993年には製造業について労働生産性の調査を実施した。製造業の生産性についての一般的な認識は、米国はドイツや日本に比べて劣っている、というものである。しかしながら最近の研究によれば、総合的に見た米国の生産性は、ドイツや日本をむしろ凌いでおり、ドイツと日本の生産性は拮抗している。この2つの異なる見解のうちどちらが正しいかを明らかにし、生産性格差の原因を解明するために、MGIは日本、米国、ドイツの3国において、自動車、自動車部品、金属加工機械、鉄鋼、コンピュータ、家電(自物を除く)、石けん・洗剤、ビール、および加工食品の9業種を代表として選び、その生産性を調査した。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -