拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 論文

学習と洗練

システム・ダイナミクスの誕生

著者:ジェイ・W・フォレスター Jay W. Forrester

価格(税込)¥550
サイズA4
ページ数20 ページ
発行年月1996年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

「システム・ダイナミクス」。これは、レーダー、航空機シミュレータ、防衛システムなどの科学技術分野での研究の進歩が生み出した発想である。ここ数年、このシステム・ダイナミクスの考え方を、企業経営の課題解決に応用する例が増えている。企業経営者、そして経営者をサポートするコンサルタントも、システム・ダイナミクスの考え方を身近な課題解決に活用している。例えば、我々がある戦略をとると、競合はこれに対してどのように反応するだろうか、といった課題や、企業の機構改革を行ったとき、それは組織全般にどのような影響をもたらすか、といったテーマなどについて、打ち手の結果やその影響を先読みする場面でシステム・ダイナミクスの考え方が活用される。ある戦略を行った際、その結果が意図した方向に転がるのか、それとも思わぬ結果を招くのかといったシミュレーションをする際、「フィードバックループ」と「二次効果」というシステム・ダイナミクスの基本原則を活用し、体系全般にどのような効果を与えるかを徹底的に分析、検討する。多くの経営者が、システム・ダイナミクスを活用することで、未来を読み、それを踏まえた戦略を構想する能力が高まったと確信している。ただしその際、必ずしも大掛かりなコンピュータ・モデルで因果関係の式を組み立てる作業が必要になるわけではない。封筒の裏に因果関係のループを走り書きするだけでも、十分にインパクトを得られる場合もある。システム・ダイナミクスの考え方は、いずれのやり方にも効を奏する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -