商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 競争戦略論

コーク対ペプシの百年戦争(1890年代〜1990年代)

A Hundred-Year War: Coke vs. Pepsi--1890s-1990s, Japanese Version

著者:Moriguchi, Chiaki;Lane, David

価格(税込)¥1,317
サイズA4
ページ数21 ページ
発行年月1999年 3月
Product No.1-705-J13
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

コカコーラとペプシコは激しい競争で米国清涼飲料業界で安定してた非常に有益な複占を引き起こしました。 国内市場が熟してコーラ戦争が国際市場に動いたとき、両社は、垂直な組織構造と競合戦略を再設計しようとしました。 マイケル.E..ポーターとデヴィッドB.ヨフィーによる以前のケースの改訂版。

Through their competitive battle, Coca-Cola and PepsiCo have created a stable and highly profitable duopoly in the U.S. soft drink industry. As the domestic industry matured and the cola wars moved to international markets, Coke and Pepsi tried to redesign their competitive strategies as well as the vertical structure of their corporations. A rewritten version of an earlier case by Michael E. Porter and David B. Yoffie. May be used with: (9-702-442) Cola Wars Continue: Coke vs. Pepsi in the Twenty-First Century; (9-794-055) Cola Wars Continue: Coke vs. Pepsi in the 1990s.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別LACC Case
業種Beverage industry
発行元
補足

キーワード

Beverages;Competition;Corporate strategy;International business;Vertical integration

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -