商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 総合経営

メイヨー・クリニック: 2020年構想

Mayo Clinic: The 2020 Initiative

著者:Herzlinger, Regina E.;Huckman, Robert S.;Lesser, Jenny

価格(税込)¥1,382
サイズA4
ページ数28 ページ
発行年月2014年 9月
Product No.116J02
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

学術医療センターであるメイヨー・クリニックは、3次・4次医療において高い評価を受けているが、本ケースは、そのプレジデント兼CEOであるジョン・ノーズワージー博士が長期的な成長戦略を実施するにあたって直面した課題を描写している。いくつかのチャンネルを通して成長するというメイヨー・クリニックのプランを複雑にしている要因として、本ケースは、地域的そして全国的な競争と連邦医療制度改革に焦点を当てている。それらは同時進行で影響を及ぼしている。受講者が最終的に決めなくてはならないのは、メイヨー・クリニックがその成長ために、現在の得意分野である統合医療の地域での提供と3次・4次医療の国境を越えた提供に重点を置くべきか、それとも幅広いサービスや治療チャンネル(例えば、遠隔治療、モバイルヘルス、他のヘルスケア・システムのエンタープライズ・ラーニングや研修)という新しい機会、あるいはこれらを組み合わせたものに重点を置くべきかである。

Describes the challenges facing Dr. John Noseworthy, Presidnet and CEO, in implementing a long-term strategy for the growth of the Mayo Clinic-a leading academic medical center with a reputation for excellence in tertiary and quaternary health care. The case highlights the concurrent forces of regional and national competition and federal health care reform as factors complicating the plans of Mayo Clinic to grow through several channels. Students must ultimately decide whether Mayo Clinic should focus its future growth on its current areas of expertise (regional provision of integrated medical care and international provision of tertiary and quaternary care), new opportunities in a broader range of services and treatment channels (e.g., telemedicine, mobile health, enterprise learning and training for other health care systems), or some combination of these opportunities.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Field)
業種Health;;;Health care;Health care policy
発行元Harvard Business School
補足

キーワード

Health;;;Health care;Health care policy

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -