商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 総合経営

コマツ: グローバル化の取り組み

Globalization at Komatsu

著者:Yoshino, Michael Y.

価格(税込)¥1,382
サイズA4
ページ数27 ページ
発行年月2010年 4月
Product No.118J02
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

このケースは、建設機械業界で世界第2位のメーカーであるコマツが、事業をグローバル化しようと行ってきた、過去50年の間に直面した挑戦に焦点を当てている。2007年に、コマツは世界第2位の建設機械メーカーになったが、その売り上げの80%以上は、日本国外からであった。そして世界中に工場、ディストリビューター、サービスセンター・ネットワークの構築を行ってきた。経営陣は、近年「コマツウェイ」として打ち出した企業文化が、こうした成功の大きな要因であると確信している。その企業文化を世界中にひろがった事業体にどのように伝え、浸透させるのかが、このケースの重要な問題である。

The case captures the challenges Komatsu, the second largest manufacturer of the earth moving equipment faced during the past five decades as it sought to globalize its operations. By 2007, it had become the second largest manufacturer of the earth moving equipment with more than 80% of its sales coming from outside of Japan. It has built a network of plants, distributors and service centers around the world. Senior management is convinced that a major reason for its success is its culture, recently articulated as the Komatsu Way. The central issue in the case is how to transmit and embed it to its far flung operations throughout the world.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Field)
業種Globalization;Leadership;Change management;Corporate vision;Values;Organizational learning;Organizat
発行元Harvard Business School
補足

キーワード

Globalization;Leadership;Change management;Corporate vision;Values;Organizational learning;Organizational change

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -