商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 競争戦略論

プロダクション・アイジー: 現状への挑戦

Production I.G: Challenging the Status Quo

著者:Hagiu, Andrei;Oberholzer-Gee, Felix;Khanna, Tarun;Toyama, Chisato;Egawa, Masako

価格(税込)¥1,317
サイズA4
ページ数22 ページ
発行年月2006年 10月
Product No.
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

2006年7月、石川光久は東京に本社を置く、彼のアニメーション製作会社であるプロダクション・アイジーの事業の成功と認知度をどうしたらさらに高めることができるかと考えていた。2006年5月期、同社は184名の社員を抱え、売上高54億3900万円、営業利益4億400万円を計上した。近年制作したアニメーション映画『イノセンス』は2004年のカンヌ映画祭に出品され、2005年12月に株式上場を果たした。日本のアニメーション制作会社にとって、これは決して小さな成果ではなかった。日本のアニメーションは世界的な成功を収めていたが、その業界は約430社のアニメーション制作会社に細分化され、コンテンツの著作権のほとんどを所有するテレビ局、映画配給会社、DVD販売会社、広告代理店などの配給会社が業界を支配していたのである。すなわち、配給会社が資金を提供し、アニメーション制作会社に作品の制作を下請させていた。結果として、制作会社の大多数は小規模で、裏方的な作業を強いられていた。そのため日本には、ウォルト・ディズニー・カンパニーほどの経営規模を有するアニメーション制作会社は存在しなかった。2005年、ディズニーの売上高は320億ドルに達したのに対し、日本最大のアニメーション制作会社である東映アニメーションの売上高は、わずか210億円(1億7500万ドル)に留まった。石川の頭の中は、自身のアニメーション制作会社が築き上げる「コンテンツの花園」をどのように構成するかという重大な決定で占められていた。プロダクション・アイジーが全てを創作するオリジナルアニメーション作品と比べて、漫画を原作とするアニメーションの制作比率を拡大すべきなのだろうか。

To maximize their effectiveness, color cases should be printed in color. In July 2006, Mitsuhisa Ishikawa wondered how he could further enhance the success and visibility of his animation production company headquartered in Tokyo, Production I.G. For the year ended May 2006, Production I.G. had sales of 5,439 million yen ($47.3 million), operating profit of 404 million yen ($3.5 million), and 184 employees. Its recent film Innocence: Ghost in the Shell 2 competed at Cannes Film Festival in 2004, and the company had gone public in December 2005. These were no small accomplishments for a Japanese animation production company. Indeed, despite the global success of Japanese animation, the industry was fragmented with about 430 animation production companies and dominated by distributors--TV stations, movie distributors, DVD distributors and advertising agencies, which held the lion's share of content copyrights. Distributors controlled the funding and contracted the production out to animation production companies. As a result, most of the latter were small companies laboring in obscurity. As such, no Japanese animation production company came even close to the size of Walt Disney Co.: in 2005 Disney had revenues of $32 billion, whereas Toei Animation, the largest animation production company in Japan, had revenue of only 21 billion yen ($175 million). To Ishikawa's mind, one of the key decisions concerned the mix of the "contents garden" that his company should aspire to. Should he increase the share of animation productions based on manga (comics and print cartoons) relative to original-productions (i.e. animation stories created entirely by Production I.G.)?

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case
業種
発行元Harvard Business School
補足

キーワード

CEO;Product development;Business models

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

ZARA: ファースト・ファッション34ページ¥1,512(税込)
メイヨー・クリニック: 2020年構想28ページ¥1,382(税込)
コマツ: グローバル化の取り組み27ページ¥1,382(税込)
楽天23ページ¥1,317(税込)
マッキンゼー − 知識と学習の管理運営21ページ¥1,317(税込)
IBMの新事業創出(A)21ページ¥1,317(税込)
ペプシコ、利益と食品: 正念場24ページ¥1,317(税込)


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -