商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 総合経営

ダイエーの再建

The Restructuring of Daiei

著者:Ruback, Richard S.

価格(税込)¥1,123
サイズA4
ページ数11 ページ
発行年月2008年 11月
Product No.211J01
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

2004年、産業再生機構は日本で最大級の小売業者であり、最も有名な「ゾンビ」企業だったダイエーを再建する任務を与えられた。産業再生機構は自己資本500 億円と10 兆円の政府保証資金枠をもとに設立された政府系組織だった。ダイエーの再建は、産業再生機構にとって自らの戦略の有効性を実証するまたとないチャンスだった。ダイエーの銀行債務の大幅減額、相当数の店舗閉鎖と人員削減、そしてダイエーの小売事業のリポジショニングと再生を助けるのに十分な新規の民間資本が必要だった。大手有名企業であるダイエーの再生に様々な障害を乗りこえて成功することができれば、産業再生機構にとっては大きな実績となった。しかしまた同じ理由から、失敗すればその影響は計り知れなかった。

In 2004, the Industrial Revitalization Corporation of Japan (IRCJ) was given the task of restructuring Daiei, one of the largest Japanese retailers and the country's most prominent zombie companies. The IRCJ was a government sponsored organization that was funded with 50 billion Yen in equity capital and 10 trillion Yen of government guaranteed funds. Daiei presented the IRCJ with a unique opportunity to demonstrate the effectiveness of its restructuring strategy which would require a significant write-down of Daiei's bank debts, substantial store closures and workforce reductions, and sufficient new private equity capital to help reposition and revitalize Daiei's retail operations. Overcoming these hurdles in a large and visible company like Daiei would be an important accomplishment for the IRCJ. But, failure too would have far reaching consequences.

その他の情報

種別Translated Case (Field)
業種
発行元Harvard Business School
補足

キーワード

Debt management;Restructuring;Private equity

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -