商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 起業

グーグルを「グーグルらしく」保つ

Keeping Google "Googley"

著者:Groysberg, Boris;Thomas, David A.;Wagonfeld, Alison Berkley

価格(税込)¥1,342
サイズA4
ページ数24 ページ
発行年月2008年 9月
Product No.414J01
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

このケースはグーグルの2008年を舞台に、どのようにして、官僚主義、意思決定の遅延、可視性の欠如、組織的な矛盾といった、企業の急成長に潜む負の副産物を避けるために取り組んできたか分析している。本ケースの主人公、キム・スコットが2004年にグーグルで働き始めた当時、彼女は起業家精神を持った小さな企業を好んでいたため、数年後もここで働き続けているかどうかと疑問に思っていた。そして2008年になり、グーグルが今も入社当初と変わらぬ起業家的雰囲気をとどめていることが、彼女にはうれしかった。彼女は同僚と共に、グーグルが同社の規模が倍増し続ける中で、どのようにその文化を維持してこられたのかを振り返った。

This case, set in 2008, examines how Google has worked to avoid potential negative byproducts of rapid growth such as bureaucracy, slow decision-making, lack of visibility, and organizational inconsistency. When the case protagonist, Kim Scott, started with Google in 2004, she wondered if she would still be there in several years as she liked small, entrepreneurial companies. In 2008, she was pleased that Google still had the same entrepreneurial energy that it had when she joined. She and her colleagues reflect on how Google has been able to maintain its culture as the company keeps doubling in size.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Field)
業種Business growth;Organizational change;Organizational culture;Internet;Entrepreneurship;Growth strate
発行元Harvard Business School
補足Case Teaching Note, (412059), 11p, by Boris Groysberg※当サービスではTeaching Note,Videoの販売はおこなっておりません。

キーワード

Business growth;Organizational change;Organizational culture;Internet;Entrepreneurship;Growth strategy;Technology

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -