商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 組織行動とリーダーシップ

ノバルティス: グローバル企業を導くということ

Novartis: Leading a Global Enterprise

著者:George, William W.;Palepu, Krishna G.;Knoop, Carin-Isabel

価格(税込)¥1,408
サイズA4
ページ数26 ページ
発行年月2014年 5月
Product No.414J05
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

世界トップのヘルスケア企業、ノバルティスは、スイスを拠点とする、まったく企業文化の異なるふたつの中堅製薬会社の合併によって、1996年に誕生した。このケースは、2012年に売上高567億ドル、純利益96億ドルを上げ、規模と利益ともに世界有数の大企業になった、同社の過去17年にわたる成長をたどるものである。その間に140カ国で153の国籍にまたがる12万7,000人の社員を擁する、真のグローバル企業へと変貌を遂げていた。ジョー・ジメネスは、2010年に、明確なビジョンを持った偉大なCEOで合併の立案者のひとりであったダニエル・バセラの後を引き継ぎ、CEOとなった。彼は、今後数年間で、世界のヘルスケア環境がノバルティスにとって厳しい挑戦になることを認識しており、ノバルティスが大志を叶えるためには、的確な戦略、組織構造、人材、それに精神を持つことが必要であると考えていた。

Novartis, the world's leading healthcare company, was formed in 1996 out of a merger of two very different, mid-tier Switzerland-based pharma companies. The case traces the company's evolution over the past 17 years, as it transformed into a truly global enterprise with 127,000 employees of 153 nationalities in 140 countries generating $56.7 billion in 2012 revenues and $9.6 billion in net income, making the firm one of the world's largest and most profitable companies. CEO since 2010, Joe Jimenez had taken over from one of the merger's architects and visionary legacy CEO Daniel Vasella. He recognized that the global health care environment would create severe challenges for Novartis in the years ahead and that Novartis needed to make sure it had the right strategy, structure, talent and spirit to live up to its ambitions.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Field)
業種Acquisition;Organizational behavior;Health care;Management;Business history;Globalization;Internatio
発行元Harvard Business School
補足

キーワード

Acquisition;Organizational behavior;Health care;Management;Business history;Globalization;International business;Teams;Organizational structure;Success;Organizational culture;Global business;Health;Strategy;;;;;;;Multinational corporations;Talent manageme

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -