商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ マーケティング

過渡期の高島屋

Takashimaya in Transition, Japanese Version

著者:Lal, Rajiv;Egawa, Masako;Toyama, Chisato

価格(税込)¥1,447
サイズA4
ページ数29 ページ
発行年月2006年 6月
Product No.507J01
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

日本最大の百貨店である高島屋は、売上高の減少に悩んでいた。鈴木弘治社長は経費削減のための変革に成功していたが、特に販売に占める割合が最大のアパレル部門を中心に、売上高を伸ばす戦略を考えなければならなかった。同社の衣料品におけるプライベートブランド開発の試みを詳細に説明する。

Takashimaya, the largest department store in Japan, was suffering from declining sales. CEO Koji Suzuki had succeeded in instituting changes to cut costs. However, Suzuki needed to come up with a strategy to increase sales, particularly in apparel, which comprised the largest segment. Describes in detail the company's endeavors to develop its private brand in apparel.

その他の情報

種別LACC Case
業種Apparel industry
発行元
補足

キーワード

Merchandising;Restructuring;Sales strategy

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -