商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ マーケティング

インドにおけるユニリーバ: ヒンダスタン・リーバのプロジェクト・シャクティ ―日用消費財の農村部への市場展開

Unilever in India: Hindustan Lever's Project Shakti--Marketing FMCG to the Rural Consumer

著者:Rangan, V. Kasturi;Rajan, Rohithari

価格(税込)¥1,382
サイズA4
ページ数25 ページ
発行年月2005年 2月
Product No.509J05
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

インド経済の自由化とP&Gなどの多国籍企業への市場開放の中、ユニリーバのインド子会社であるヒンダスタン・リーバ・リミテッド(HLL)は収益を伸ばさなければいけないプレッシャーを感じていた。HLLは、6割近い市場シェアを保有するインド市場において、石鹸、洗剤、シャンプーの分野で、長年マーケットリーダーとしての輝かしい業績を持っていた。このケースは、インド人口の3分の2が住む農村地域(人口1,000人以下)へ、HLLが進出するための革新的アプローチと「シャクティ」(権限委譲を意味する)を提示している。核心となる問題は、「HLLがシャクティをどのように拡大し、収益性のあるものにしたか。」ということだ。

To maximize their effectiveness, color cases should be printed in color. With liberalization of India's economy and the opening up of markets to foreign multinationals such as Procter & Gamble, the Indian subsidiary of Unilever--Hindustan Lever Ltd. (HLL)--was under pressure to grow revenues and profits. HLL had a long and stellar record of market leadership in India (with market shares of nearly 60%) in categories such as soap, detergent, and shampoos. Documents HLL's innovative approach to penetrate rural markets (with populations less than 1,000), where two-thirds of India's population lives, with a scheme named "Shakti" (meaning empowerment). The central question is: How should the company scale Shakti and make it profitable? Includes color exhibits.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case
業種
発行元Harvard Business School
補足Case Teaching Note, (507022), 9p, by V. Kasturi Rangan;Spreadsheet Supplement, (XLS216), 0p, by V. Kasturi Rangan, Rohithari Rajan※当サービスではTeaching Note,Videoの販売はおこなっておりません。

キーワード

Innovation;Consumer marketing;Marketing strategy;Target markets

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -