商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ オペレーションマネジメント

米国トヨタ自動車

Toyota Motor Manufacturing, U.S.A., Inc.

著者:Mishina, Kazuhiro

価格(税込)¥1,317
サイズA4
ページ数23 ページ
発行年月1992年 9月
Product No.607J14
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

1992年5月1日、ケンタッキー州ジョージタウンにあるトヨタの工場の組立ライン担当マネジャー、ダグ・フリーゼンは、この工場の唯一の生産品目であるカムリに組付けるシートの問題に直面している。シートが不良、もしくはシートが組み付けられていない車両が、ライン横にどんどんたまっている。これは、最近の残業の一因ともなっているが、問題の原因や解決法を明らかにするのは容易ではない。この工場は、有名なトヨタ生産方式(TPS)を標榜しているので、フリーゼンは、できれば、TPSの考え方や手法を用いて、この問題を解決しようと考えた。学習者に、フリーゼンが取るべき行動を挙げさせ、ジョージタウン工場のシートの問題への現在の対応がTPSの理念にふさわしいものであるかどうかを分析させる。

On May 1, 1992, Doug Friesen, manager of assembly for Toyota's Georgetown, Kentucky, plant, faces a problem with the seats installed in the plant's sole product--Camrys. A growing number of cars are sitting off-line with defective seats or are missing them entirely. This situation is one of several causes of recent overtime, yet neither the reason for the problem nor a solution is readily apparent. As the plant is an exemplar of Toyota's famed production system (TPS), Friesen is determined that, if possible, the situation will be resolved using TPS principles and tools. Students are asked to suggest what action(s) Friesen should take and to analyze whether Georgetown's current handling of the seat problem fits within the TPS philosophy.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Field)
業種
発行元Harvard Business School
補足Supplement, (611035), 20p, by Roy D. Shapiro, Stephanie van Sice;Case Teaching Note, (693046), 23p, by Kazuhiro Mishina;Video Supplement, (693502), 0p, by Kazuhiro Mishina※当サービスではTeaching Note,Videoの販売はおこなっておりません。

キーワード

International operations;Process analysis;Quality control;Production controls;Suppliers

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -