商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 企業と政府

プロクター・アンド・ギャンブル:オーガニゼーション 2005 (A)

Procter & Gamble: Organization 2005 (A)

著者:Piskorski, Mikolaj Jan;Spadini, Alessandro L.

価格(税込)¥1,408
サイズA4
ページ数25 ページ
発行年月2007年 1月
Product No.708J16
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

2000年に起こった重大な危機に対応するため、プロクター・アンド・ギャンブルの新しいCEOは、特異な組織設計を継続するか、あるいは以前のマトリックス型組織に戻すかの決断を迫られている。1920年代以降、プロクター・アンド・ギャンブルが採用してきた地理別、製品別、マトリックス型のアーキテクチャーを含む全ての組織設計を解説する。市場開発組織、グローバル・ビジネス・ユニット、グローバル・ビジネス・サービス・ユニットは、いずれも他の部門と非常に相互依存しており、どれも意思決定において明確な優位性を持っていなかった。そのため、特異な組織設計となっていた。様々な組織設計、各組織アーキテクチャーの長所と短所、および実施に伴う問題点を検討する。

In response to a huge crisis in 2000, the new CEO of Procter & Gamble has to decide whether to continue with an unusual organizational design or to revert to the old matrix organization. Describes all the organizational designs used by Procter & Gamble from the 1920s onward, including geographic, product, and matrix architectures. Market development organizations, global business units, and global business services unit, each of which is heavily interdependent with the others and none of which has a clear decision-making advantage, comprise the unusual organizational design. Examination of the different organizational designs, trade-offs associated with each organizational architecture as well as the accompanying implementation problems. A rewritten version of an earlier case.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Field)
業種
発行元Harvard Business School
補足Supplement, (707402), 11p, by Mikolaj Jan Piskorski, Alessandro L. Spadini;Case Teaching Note, (708450), 40p, by Mikolaj Jan Piskorski※当サービスではTeaching Note,Videoの販売はおこなっておりません。

キーワード

Organizational design;Matrix organization;Corporate strategy;Organizational change;Decentralization;Diversified companies;Implementing strategy

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -