商品サンプル




   (Adobe Reader®が必要です)
◆ 競争戦略論

ナイキのソーシャルメディア戦略

Social Strategy at Nike

著者:Piskorski, Mikolaj Jan;Johnson, Ryan

価格(税込)¥1,342
サイズA4
ページ数24 ページ
発行年月2012年 4月
Product No.
言語日本語
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

2004年にソーシャルメディアとネットワーキングの実験を開始して以来、ナイキは従来の広告費を削減し続けてきた。しかし、それはマーケティング予算の総額を減らしたのではなく、代わりとなる新しいメディアを通じた「非伝統的」な広告に重点的に取り組むことを選んだのであった。その際、チームは消費者とより緊密な関係を育むため、オンライン・コミュニティの構築をしようとした。2012年までにナイキは製品と体験を結びつけるというソーシャルメディア戦略を追及することを明言した。この戦略的飛躍が最終的な収益にどう影響するかは、すぐに明らかになることだろう。

Nike, which first started experimenting with social media and networking in 2004, has been consistently reducing its spending on traditional advertising. Yet, Nike has not pulled back on its overall marketing budget, instead opting to focus on "nontraditional" advertising through new mediums. In doing so, the team hoped to build online communities to foster a closer relationship with its consumers. By 2012 Nike had committed to a social strategy that linked product with experience. Soon the company will discover if this strategic jump will be reflected on the bottom line.

その他の情報

>>この文献には原文(英語)版があります。
種別Translated Case (Library)
業種Business to consumer;Competitive advantage;;;;;;;;;Strategy;Advertising campaigns
発行元Harvard Business School
補足Case Teaching Note, (713477), 16p, by Mikolaj Jan Piskorski ※当サービスではTeaching Note,Videoの販売はおこなっておりません。

キーワード

Business to consumer;Competitive advantage;;;;;;;;;Strategy;Advertising campaigns

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -