>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
2月 課題設定の力
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年3月号の掲載文献一覧

タイトル:チャイニーズ・スタンダード戦略
中国は1つではない。しかし、1つでもある―。したがって、「ミクロ」と「マクロ」、2つの目が要求される。すなわち、部分を子細に観察する目であり、全体を俯瞰する目である。さらに、1980年代のトラウマから解き放たれ、新たなチャンスを手にするには過去に学びつつ、過去に縛られない柔軟性も要求されよう。とにかく、中国市場は混雑市場である。ここで勝ち残るには、他社とは違う戦略とマネジメントが最低必要条件である。しかし、多くの日本企業が混雑市場ゆえに同質化に陥ってしまう。その轍を踏まないために―何度なく繰り返されてきた
1〜10 件 / 全 10 件 

1
【未訳論文:1963年1月発表】R&Dはなぜマネジメントできないか
独創性と管理のはざまに
[生産・研究開発]  著者:ピーター・F・ドラッカー クレアモント大学院大学 教授
原題:Twelve Fables of Research Management   本稿が発表された1963年当時、アメリカ企業のR&D費は膨れ上がる一方にあった。 その当時もいまも、R&Dの費用対効果の判断はつきにくく、適切なマネジメントは難しいものがある。 ドラッカーは、研究する ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:10 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

2
中国躍進企業のビジネスモデル
もはや「眠れる獅子」ではない
[国際・海外]  著者:ミン・ゼン INSEADシンガポール校 助教授  ピーター・ ... more
原題:The Hidden Dragons   海爾(ハイアール)、TCL、聯想(レジェンド)、華為(ホアウェイ)など、中国発の国際企業の台頭が著しい。 生産コストの低さ、旺盛な起業家精神を武器に、グローバル・ニッチを狙い、またたく間に成長を遂げた ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:11 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

3
中国流交渉術
欧米流と180度異なる
[国際・海外]  著者:ジョン・L・グラハム カリフォルニア大学アーバイン校 教授  ... more
原題:The Chinese Negotiation   中国は世界最速にして最大の経済成長を遂げている。 無論、先進諸国の企業は中国企業へのプロポーズに必死だ。 しかし、競争率の激しい相手は資本の論理だけでは通用しない。 買い手市場である以上、そのルールを ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

4
【特別インタビュー】中国脅威論の幻想
問題のすり替えにすぎない
[国際・海外]  著者:ポール・R・クルーグマン プリンストン大学 教授
原題:The Misunderstanding of Chinese Economy   中国を脅威と見た、保護主義的な意見がまたぞろ登場している。 たとえば「人民元の切り上げ」「変動相場制への移行」、やがては「雇用流出」「産業空洞化」の懸念が高じて、輸入規制や経済制裁といった極論まで登場 ... more  
価格(税込):¥540、ページ数:7 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

5
「アジアン・スタンダード」を発信せよ
日本が生き残るために
[国際・海外]  著者:井植敏 三洋電機 会長兼CEO
原題:"Asian Standard":A Key to Japan's Survival   韓国の三星(サムスン)、中国の海爾(ハイアール)集団公司と矢継ぎ早に提携を行い、いち早くアジア協力体制を確立した感のある三洋電機。 その牽引役となった井植敏会長に、中国のいまと日本の今後について聞いた ... more  
価格(税込):¥540、ページ数:6 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

6
中国市場のチャンスとリスク
混沌のなかの大転換
[国際・海外]  著者:ケネス・リーバサル ミシガン大学 教授  ジェフリー・リーバ ... more
原題:The Great Transition   中国はどうやら今後10年間、一時的な足踏みもあるだろうが、世界で最も成長する経済圏であり続けるだろう。 しかしこれは、最も競争が厳しい市場になることを意味している。 いまや中国市場、中国ビジネスに一家 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:16 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

7
【HBR Case Study】低収益の中国事業から撤退すべきか
本社と中国パートナーとの板ばさみ
[国際・海外]  著者:[コメンテーター]エリック・ジュジエ ミシュラン・インベスト ... more
原題:Trouble in Paradise   中国の合弁企業、中聯編物(チョンリャンビアンウ)は、輝かしい成功を収めた企業として現地の評判は高い。 しかし、董事長であるマイク・グレイブスは撤退を考えている。 成功とはいっても、アメリカ本社からの期 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

8
もはやITに戦略的価値はない
求められるコスト管理と投資の再考
[経営戦略]  著者:ニコラス・G・カー HBR フリー・エディター
原題:IT Doesn't Matter   ITは、その能力が向上し、ユビキタス性が強まるにつれ、皮肉にも、その戦略的重要性は薄れつつある。 歴史が示すとおり、ITも鉄道や電力と同じくつまるところ、インフラ技術でしかなく、いまやコモディティ化し ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:18 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

9
参加型リーダーのマインドセット
「内省」「分析」「コラボレーション」「広い視野」「行動」
[組織・人事]  著者:ジョナサン・ゴスリング エクスター大学 リーダーシップ研究セ ... more
原題:The Five Minds of a Manager   マネジメントという仕事は複雑極まりない。 たとえば、「グローバルに発想してローカルに密着せよ」「協調を重視しつつ、競争に負けるな」等々――。 このような矛盾と向き合い、これを調和させなければならない。 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]

10
【HBR Case Study】給与制度の地域格差をいかに調整すべきか
グローバル化を進める企業の悩み
[国際・海外]  著者:[コメンテーター]ジョージ・T・ミルコビッチ コーネル大学 ... more
原題:In a World of Pay   ドイツの巨大ソフトウエア会社、テュープバーレは、グローバル展開に伴い、新たな戦力の必要性を感じていた。 そこで、優秀なマーケター、アン・プレボーをアメリカの競合企業から引き抜こうと画策していた。 とこ ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2004年03月発行
 [商品説明]
1〜10 件 / 全 10 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針