>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2020年
6月 実験する組織
5月 顧客の持つ価値を問い直す
4月 女性の力
3月 戦略を実行につなげる組織
2月 デュアルキャリア・カップルの幸福論
1月 顧客体験は進化する
2019年
12月 信頼される経営
11月 従業員エンゲージメント
10月 戦略採用
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年2月号の掲載文献一覧

タイトル:戦略論の原点
企業を取り巻く事業環境は刻々と移り変わる。戦略はそのつど新たな課題に突き当たり、新たな手法を編み出して変化への適応を試みる。結果、永遠の繰り返し、無数の戦略が生まれることになる。しかし、それらの戦略の源流ともいうべき思想に学ぶことは、不確実性の高い現代だからこそ価値があるのではないか。ポーター、ミンツバーグ、大前研一、アンゾフ、チャンドラー、ハメル、プラハラッドら戦略論の泰斗たちの思考は、時を経て、いまなお新たな示唆を与えてくれる。
1〜8 件 / 全 8 件 

1
悪しき株主価値経営からの脱却
長期的な価値創造への10原則
[経営戦略]  著者:アルフレッド・ラパポート ノースウェスタン大学 ケロッグ・ス ... more
原題:Ten Ways to Create Shareholder Value   株主価値の向上を公約に掲げる企業は多い。また、株主価値の重視は短期志向や会計スキャンダルの元凶かのごとく経営者たちの言い訳に体よく使われることが少なくない。しかし、株主価値経営はけっして悪ではない。と ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

2
【1979年度マッキンゼー賞受賞論文】 競争の戦略:5つの要因が競争を支配する
最も有利なポジショニングに向けて
[経営戦略]  著者:マイケル・E・ポーター ハーバード・ビジネススクール 教授
原題:How Competitive Forces Shape Strategy   ポーターは、産業経済学の論理を競争戦略に応用し、産業構造を分析するシステマティックなフレームワークを提示した。本稿を第1章とする「競争の戦略」は1980年に上梓され、戦略論の世界に新風を巻き起こすこと ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

3
【1987年度マッキンゼー賞受賞論文】 競争優位の戦略:「企業戦略」を再考する
「3つの基準」と「4つのコンセプト」
[経営戦略]  著者:マイケル・E・ポーター ハーバード・ビジネススクール 教授
原題:From Competitive Advantage to Corporate Strategy   1980年代初頭、第2次オイル・ショックと日本企業の攻勢によって、アメリカ産業界は自信喪失に陥っていた。そして、60年代から本格化した多角化戦略もついに壁に突き当たる。コングロマリットの大半が低収益化 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:24 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

4
【1987年度マッキンゼー賞受賞論文】 戦略クラフティング
戦略は体系的に計画されない
[経営戦略]  著者:ヘンリー・ミンツバーグ マギル大学 教授
原題:Crafting Strategy   多くの経営書が「戦略は計画化される」という前提に立っている。これは「環境は大きく変化しない」という前提でもある。しかし現実には、戦略は修正されたり、書き換えられたりする。さらにミンツバーグは「戦略は計 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

5
【1965年度マッキンゼー賞受賞論文】 企業の未来
戦略は予測することから始まる
[経営戦略]  著者:H・イゴール・アンゾフ 元 アライアント・インターナショナル ... more
原題:The Firm of the Future   「戦略経営の父」、ハリー・イゴール・アンゾフは、その歴史的著作『企業戦略論』を著した1965年に本稿を発表した。彼の基本姿勢は、企業は環境に規定され、その予測が戦略を決めるというもので本稿はまさしくこ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

6
スケール・アンド・スコープ:産業成長の論理
米英独200大企業の歴史研究が明かす
[経営戦略]  著者:アルフレッド・D・チャンドラー ハーバード・ビジネススクール ... more
原題:The Enduring Logic of Industrial Success   産業の初期に生産施設のみならず、マーケティングやマネジメントにも多額の投資を傾けた企業は、長期に「規模の経済」と「範囲の経済」を享受しうる。20世紀の経済成長に最も重要な役割を果たしてきた産業、すなわ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:17 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

7
【1990年度マッキンゼー賞受賞論文】 コア・コンピタンス経営
未来の競争力を組織的に構築する
[経営戦略]  著者:C・K・プラハラッド ミシガン大学 スティーブン・M・ロス・ ... more
原題:The Core Competence of the Corporation   1980年代の経営者は、いかに企業をスリム化させるかで評価された。90年代の経営者は、いかに企業を成長させるかで評価されるだろう―。そのカギを握るのが「コア・コンピタンス」、すなわち他社には模倣するの ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:20 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]

8
他人のプロジェクトには口出しすべきではないのか
成功のノウハウを知る者のジレンマ
[ケース・スタディ]  著者:[コメンテーター] マーカス・バッキンガム 社会学者  ジョ ... more
原題:Just Trying to Help   全国展開している建築事務所、ラルストン・クレーンでは毎年、事業方針と共に重点プロジェクトとそのメンバーが発表される。ガイ・クリスチャーノは、今年度はその選に漏れたが、諦め切れなかった。なぜなら、そのプ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2007年02月発行
 [商品説明]
1〜8 件 / 全 8 件 
Copyright©2001-2020 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針