>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
2月 課題設定の力
1月 テクノロジーは戦略をどう変えるか
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年8月号の掲載文献一覧

タイトル:「協力する組織」のマネジメント
グローバルに複雑化する経済において、多くの企業では、重要な意思決定は分散され、仕事はいくつものグローバル・チームによって分担されるようになっていく。こうしたグローバル・チームでは、組織の内外を問わず、仕事の内容に応じて、それにふさわしい能力とスキルを備えた人材が参集し、各人は状況に応じて、自律的に臨機応変に行動する。地理的に分散したメンバー同士は、必然的にデジタル環境で協力し合うようになる。大規模化、複雑化、バーチャル化が進んでいく現代のコラボレーションに求められる組織スキルについて解説する。
1〜9 件 / 全 9 件 

1
プライベート・エクイティの事業再生術
PEファンドに学ぶ@
[経営戦略]  著者:ロバート・C・ポーゼン MFSインベストメント・マネジメント ... more
原題:If Private Equity Sized Up Your Business   プライベート・エクイティ(PE)ファンドが企業を買収した後、その企業がどうなるかを広範に検証したところ、企業改革における5つのポイントが浮かび上がった。「適正なキャッシュ水準」「最適な資本構成」「事業 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

2
プライベート・エクイティの戦略行動
PEファンドに学ぶA
[経営戦略]  著者:フェリックス・バーバー アシュリッジ・ストラテジック・マネジ ... more
原題:The Strategic Secret of Private Equity   資金調達と政府の監督強化の面で環境は厳しくなっているにもかかわらず、非公開商品に投資するファンドであるプライベート・エクイティ(PE)は急激な成長を続けている。公開企業には避けられないM&Aに関わる制 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

3
マッキンゼー流ブレーンストーミング術
ブレークスルーを生み出す
[経営戦略]  著者:ケビン・P・コイン 元 マッキンゼー・アンド・カンパニー デ ... more
原題:Breakthrough Thinking from Inside the Box   一般的なブレーンストーミングで斬新なアイデアが生まれてくることがほとんどないのはなぜか。それは、常識にとらわれず考えようと進行役がはっぱをかけたり、利用するデータが陳腐なものだったり、押しの強い人が場 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

4
【名著論文再掲】フェア・プロセス:協力と信頼の源泉
組織のやる気を自発的に引き出す
[経営戦略]  著者:W・チャン・キム INSEAD 教授  レネ・モボルニュ I ... more
原題:Fair Process: Managing in the Knowledge Economy   人は、結果にもこだわるが、それに至るまでのプロセスにもこだわる。つまり、その結果がいかに満足できるものでも、そのプロセスが不条理で、公正さに欠けるものであれば、不信感を抱き、やる気を失う。逆に、プロセ ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:16 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

5
オンラインRPGは「協働する組織」の実験場
次世代環境を疑似体験する
[リーダーシップ]  著者:バイロン・リーブス スタンフォード大学 教授  トーマス・W ... more
原題:Leadership’s Online Labs   仕事の内容に応じて、それにふさわしい能力とスキルを備えた人材が、組織の壁を超えて参集し、そこにはリーダーがいるとはいえ、各人が状況に応じて、自律的に臨機応変に行動する――。ITの黎明期、このようなバー ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

6
パートナーシップの心理学
35年、3000組の夫婦の分析に学ぶ
[ビジネス社会・リーダー]  著者:ジョン・M・ゴットマン 心理学者
原題:Making Relationships Work: A Conversation with Psychologist John M. Gottman   優れた業績を上げるには、上司と部下の人間関係がカギを握る。しかし、職場内の人間関係の力学について、いまだ科学的に解明されていない。ジョン M. ゴットマンは35年にわたり、何千組もの夫婦を時系列で調査 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

7
「学習する組織」の成熟度診断法
環境、プロセス、リーダー行動から判定する
[組織文化]  著者:デイビッド・A・ガービン ハーバード・ビジネススクール 教授 ... more
原題:Is Yours a Learning Organization?   1990年に発表されたピーター M.センゲの『最強組織の法則』によって「学習する組織」の考え方は一世を風靡し、その重要性は理解された。しかし、この概念は総論的なうえ、マネジャー向けに落とし込まれたもの ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

8
プロジェクト・チームの対話不足を防ぐ法
「アラインメント・マトリックス」による意思疎通の改善
[組織文化]  著者:マニュエル・E・ソーサ INSEAD 助教授  スティーブン ... more
原題:Are Your Engineers Talking to One Another When They Should?   CEOの辞任まで引き起こしたエアバス〈A380〉機の開発遅延。そこには、プロジェクト・チーム内のコミュニケーション不足があった。複雑な製品開発プロジェクトは、複数のチームで分業されるため、各チーム間で ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]

9
プロジェクト・マネジャーが陥る「経験の罠」
シミュレーション調査でわかった
[オペレーション]  著者:キショア・セングプタ INSEAD 准教授  タレク・K・ア ... more
原題:The Experience Trap   経験豊富なプロジェクト・マネジャーが、必ずしもプロジェクト・マネジメントの達人であるとは限らない。筆者たちによるシミュレーション実験によると、これらベテランたちは「経験の罠」に陥りやすいという。これま ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2008年08月発行
 [商品説明]
1〜9 件 / 全 9 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針