>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2020年
8月 気候変動
7月 リーダーという仕事
6月 実験する組織
5月 顧客の持つ価値を問い直す
4月 女性の力
3月 戦略を実行につなげる組織
2月 デュアルキャリア・カップルの幸福論
1月 顧客体験は進化する
2019年
12月 信頼される経営
11月 従業員エンゲージメント
10月 戦略採用
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年4月号の掲載文献一覧

タイトル:製品開発と事業モデルの再構築
ハーバード・ビジネススクール教授のクレイトン・クリステンセンはベストセラーとなった『イノベーションのジレンマ』のなかで、市場で安定的な優位を築こうとする勝者企業の戦略のなかにみずからの牙城を脅かす不確実な変化が内在することを指摘した。既存顧客の声に従うだけでは、未来の顧客への背信になりかねず、自己否定をいとわず新たな価値観の創出に常に取り組まなければならない。本特集では、不連続な変化が避けられない環境において、イノベーションの有効性を高めるための方法論を取り上げる。
1〜6 件 / 全 6 件 

1
新興国の人材争奪戦に勝つ
高給・高待遇は決め手にならない
[組織・人事]  著者:ダグラス・A・レディ ロンドン・ビジネススクール 客員教授  ... more
原題:Winning the Race for Talent in Emerging Markets   ?多くの企業が成長機会を求めて、BR ICs をはじめ、新興国に進出している。しかしそれらの国々では、優秀な人材をめぐる熾烈な争奪戦が繰り広げられている。なぜなら、新興市場での成功は、優秀な現地人材の ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年04月発行
 [商品説明]

2
ビジネスモデル・イノベーションの原則
根本的な変革が必要な時、不要な時
[イノベーション]  著者:マーク W・ジョンソン イノサイト 共同創設者兼会長  クレ ... more
原題:Reinventing Your Business Model   さまざまな調査結果が示しているように、製品やサービスよりも、ビジネスモデルのイノベーションの重要性が高まっている。ところが、ゲームのルールを変えてしまうようなビジネスモデルを、どのように開発すればよい ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:17 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年04月発行
 [商品説明]

3
マネジメント2.0
新時代へ向けた25の課題
[経営戦略]  著者:ゲイリー・ハメル マネジメント・ラボ 共同創設者 ロンドン・ ... more
原題:Moon Shots for Management   シリコンバレーの非営利研究機関「マネジメント・ラボ」はマッキンゼー・アンド・カンパニーの後援の下、斯界の権威たちを集め、マネジメント・イノベーションを考えるカンファレンスを開催した。産業革命と共に、マ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年04月発行
 [商品説明]

4
「第2のスティーブ・ジョブズ」 の育て方
ブレークスルー・イノベーターを探せ
[イノベーション]  著者:ジェフリー・コーン スペンサースチュアート コンサルタント  ... more
原題:Finding and Grooming Breakthrough Innovators   アップルがいま、そして今後も抱える課題とは何か。それは、「第2のスティーブ・ジョブズ」を発見・育成することである。しかし、25の組織のイノベーション政策を5年間にわたって調べた結果、イノベーションの必 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年04月発行
 [商品説明]

5
新製品開発は「事実の追求」と「成功の追求」に分ける
リスクを抑え、コストと時間を減らす
[製品開発]  著者:エリック・ボナボー アイコシステム 会長  ニール・ボディッ ... more
原題:A More Rational Approach to New-Product Development   新薬開発をはじめ、ハイテクや半導体、バイオテクノロジーや医療機器など、開発コストがかさみ、しかも失敗率がきわめて高い製品開発プロジェクトでは、まず、製品化される可能性に照らして、開発を進めるものと断念 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年04月発行
 [商品説明]

6
コラボレーションの原則
「開放系か閉鎖系か」「フラットか階層型か」
[イノベーション]  著者:ゲイリー P・ピサノ ハーバード・ビジネススクール 教授   ... more
原題:Which Kind of Collaboration Is Right for You?   アップルはこれまで、一部の専門家とコラボレーションしながら新製品を開発してきたが、〈iフォーン〉のアプリケーション開発では、いわゆるオープン・イノベーションを採用した。一口にコラボレーションといっても ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年04月発行
 [商品説明]
1〜6 件 / 全 6 件 
Copyright©2001-2020 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針