>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
10月 戦略採用
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年5月号の掲載文献一覧

タイトル:不況期の戦略
好況期でも、好業績の企業とそうではない企業に分かれるように、不況期でも、やはり企業の優劣が表れる。そしてこの差が、その後の回復期の勝敗を決める。また不況期は、企業の真の実力が試される。あらゆる種類の組織に共通して重要な「財務」と「マーケティング」、組織の生存能力の要である「変化への適応力」、いかなる時にも成長を目指す「イノベーション力」、厳しい時だからこそ献身に努める「従業員のロイヤルティ」など、組織の真の姿が明らかになる。本特集では、20余人の識者たちが「不況に克つ戦略」を語る。
1〜9 件 / 全 9 件 

1
グローバル市場 明日の覇者
先進国企業か、新興国企業か
[経営戦略]  著者:パンカジュ・ゲマワット ビジネススクール教授  トーマス・ハ ... more
原題:Tomorrow’s Global Giants? Not the Usual Suspects   ?欧米の多国籍企業は、中国やインドの新興市場で事業拡大を図っている。一方、新興国では「明日の多国籍企業」を自負する現地企業が、世界に羽ばたこうと、グローバルなビジネスチャンスを狙っている。はたして、グ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

2
不況を逆手に取る法
危機だからこそ、健全性を高め、競争力を強化する
[経営戦略]  著者:デイビッド・ローズ ボストンコンサルティング グループシニア ... more
原題:Seize Advantage in a Downturn   世界的な金融危機の影響は、いまなお広がり続けている。次に何が起きるのか、危機はいつまで続くのか、自社の事業は守れるのか、だれもが暗中模索している。「とにかく何か対策を打たなければ」というプレッシャーか ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

3
乱気流時代を乗り切る経営
「敏捷性」と「吸収力」がカギ
[経営戦略]  著者:ドナルド・N・サル ロンドン・ビジネススクール教授
原題:How to Thrive in Turbulent Markets   「キンシャサの奇跡」と呼ばれるモハメド・アリvs.ジョージ・フォアマンのボクシング史上に残る名勝負は、先の読めない現在の不況を生き抜くヒントを示している。パンチを受け止める「吸収力」のフォアマンに対し ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:17 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

4
実需は後退していない
いたずらに縮小均衡に走ってはならない
[ビジネス社会・リーダー]  著者:エリヤフ・M・ゴールドラット 物理学者
原題:What Should Manufacturers Really Provide for?   今回の不況は「100年に一度の未曾有の危機」といわれているが、エリヤフ M. ゴールドラットは、世界的な金融危機が強烈な不況宣伝となって、小売業界を過剰に警戒させ、こぞって在庫調整に走ったことが大きい ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:10 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

5
バリュー・フォー・マネー戦略で不況に克つ
先進国企業は新興国企業から学ぶべき時
[経営戦略]  著者:ピーター・J・ウィリアムソン ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジ ... more
原題:Value-for-Money Strategies for Recessionary Times   1930年代の大恐慌時、プロクター・アンド・ギャンブルやゼネラル・エレクトリックなどは、「バリュー・フォー・マネー戦略」、すなわち価格にも価値にも敏感な顧客に狙いを定め、これまで高価格だった製品やサー ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

6
不況期の論点
わかっていながら、なぜ判断ミスを犯してしまうのか
[経営戦略]  著者:ロバート・スティーブ・キャプラン ハーバード・ビジネススクー ... more
原題:Unconventional Wisdom in a Downturn   景気が悪化すると、従業員や各種コストの削減、新規事業の延期や中止、コア事業への集中など、ひたすら縮み志向へと走る。しかも、往々にして度が過ぎてしまい、手をつけてはならない領域にまでメスを入れ、本末転倒 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:18 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

7
不況期のマーケティング
消費者心理とニーズの変化に臨機応変に対処する
[マーケティング]  著者:ジョン・A・クウェルチ ハーバード・ビジネススクール教授 中 ... more
原題:How to Market in a Downturn   不況下にあっては、戦略や戦術、製品やサービスを、顧客ニーズの変化に素早く適応させることが欠かせない。そのためには、消費者を「急ブレーキを踏む」「痛みに耐える」「かなり余裕のある」「その日暮らし」の4つ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

8
不況期の営業戦略
問題解決型から「啓発型」への転換
[マーケティング]  著者:フィリップ・レイ TCGアドバイザーズ マネージング・ディレ ... more
原題:In a Downturn, Provoke Your Customers   法人顧客が予算を切り詰める景気後退期にあっても、この逆境を糧に増益を果たしている企業がある。彼らは「啓発型営業」というアプローチの下、顧客が気づいていない問題を見つけ、その解決策によって顧客の目を開か ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]

9
不況期の小売業
逆風を追い風に変えるための五カ条
[経営戦略]  著者:ケン・ファバロ マラコン パートナー  ティム・ロンバーガー ... more
原題:Five Rules for Retailing in a Recession   スターバックスは2008年秋、創業以来、初めて来店客数と売上高が前年割れした。小売業はここ15年間、好調が続いていたが、ここに急ブレーキがかかった象徴的な出来事といえる。しかしこのような不況期にも、成 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年05月発行
 [商品説明]
1〜9 件 / 全 9 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針