>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
10月 戦略採用
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年7月号の掲載文献一覧

タイトル:不確実性に克つ「科学的」思考
「リスク」とは将来起こりうる事象を確率によって予測できるものであり、それらを確立では予測できないものが「真の不確実性」である―。アメリカの経済学者、フランク・ナイトはかつて、不確実性についてこのように明確な区別をしている。過去の経験が未来の予測につながらない不確実性の時代に突入したいま、真実に近づくにはいかなる手段が有効であるのか。生き残りのカギは、直感や経験則に頼ることなく、科学的実験や高度な定量分析、さらに最先端の脳科学に基づいた「ビジネス・サイエンス」の思考技術を身につけることにある。
1〜8 件 / 全 8 件 

1
「科学的実験」で仮説を検証する経営
直感や経験則だけに頼ってはならない
[経営戦略]  著者:トーマス・H・ダベンポート バブソン大学 教授
原題:How to Design Smart Business Experiments   消費財の一般的な成功率は50分の1〜60分の1といわれるが、何と4分の1という驚異的な数字を実現している企業がある。後発だったにもかかわらず、全米第5位に上り詰め、ついには総合金融業へと転身を遂げたク ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

2
正しいリスクは競争優位の源泉
第3のリスク・マネジメント革命
[経営戦略]  著者:ケビン・S・ビューラー マッキンゼー・アンド・カンパニー デ ... more
原題:Owning the Right Risks   あらゆる企業がリスクから逃れられない。あまり賢くない企業は、リスクというリスクを減らそうとするが、「 ハイ・リスク/ハイ・リターン」といわれるように、リスクはそもそも、損失だけでなく利益をもたらすもの ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

3
ライバルの反撃を予測する法
現実世界にゲーム理論は無用である
[経営戦略]  著者:ケビン・P・コイン エモリー大学 ゴイズエタ・ビジネススクー ... more
原題:Predicting Your Competitor’s Reaction   新製品を投入したり、価格を変えたりすると、ライバルはどのように対抗してくるだろうか。そのような予測にこそゲーム理論が効果的であると勧められるかもしれないが、それは間違いである。ゲーム理論はしょせん机上 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

4
不確実性時代の戦略思考
4段階に分けて適切な戦略と行動を選択する
[経営戦略]  著者:ヒュー・コートニー メリーランド大学 ロバート・H・スミス ... more
原題:Strategy under Uncertainty   不確実性が「高い」あるいは「低い」のどちらかで事業環境を考えてしまう人がまことに多い。このような二元論的な思考が、自分の事業計画を通そうとバラ色の未来を描いたり、逆に過剰に身構えてビジネスチャンスを逃 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:18 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

5
オプション・ゲーム戦略選択の手法
リアル・オプションとゲーム理論を組み合わせた
[経営戦略]  著者:ネルソン・フェレイラ マッキンゼー・アンド・カンパニー アソ ... more
原題:Option Games The Key to Competing in Capital-Intentive Industries   資本集約的な産業は、不確実性の高い環境に置かれているうえに、失敗すれば壊滅的なダメージを被りかねない規模の投資を強いられる。このような業界の企業も、他業界同様、DCF法やリアル・オプション、ゲーム理論 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

6
金融リスク管理の落とし穴
なぜ今日の信用危機を予測できなかったのか
[経営戦略]  著者:ルネ・M・スタルツ オハイオ州立大学 フィッシャー・カレッジ ... more
原題:Six Ways Companies Mismanage Risk   「過去のデータからリスクを予測している」「バリュー・アット・リスクでリスクを評価している」「リスク・ヘッジ手段のリスクを見落としている」など、一見万全なリスク・マネジメントにも、思わぬ落とし穴がある。 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

7
アートすべき時、科学すべき時
行きすぎた標準化を問い直す
[経営戦略]  著者:ジョセフ・M・ホール ダートマス大学 タック・スクール・オ ... more
原題:When Should a Process Be Art, Not Science?   この数十年、製造業のみならず、さまざまなサービス業が「規模の経済」と「範囲の経済」を効率的に実現するために、生産から顧客サービスに至るまで、バリューチェーンのあらゆる部分で科学的手法によるプロセスの標 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:11 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]

8
脳科学が解明する意思決定リスク
「パターン認識」と「感情タグ」が判断を曇らせる
[ビジネス社会・リーダー]  著者:アンドリュー・キャンベル アシュリッジ・マネジメント・センタ ... more
原題:Why Good Leaders Make Bad Decisions   ダイムラー・クライスラーの元CEO、ユルゲン・シュレンプが社内の反対を押し切って進めたクライスラーとの合併は、9年で終止符が打たれた。軍事作戦の情報収集で活躍したマシュー・ブロデリック准将も、ハリケー ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:11 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2009年07月発行
 [商品説明]
1〜8 件 / 全 8 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針