>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
10月 戦略採用
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月号の掲載文献一覧

タイトル:人を潰す会社 人が輝く会社
優秀な社員が業績に及ぼす影響は大きい。しかし、彼ら彼女らは会社から期待どおりの処遇や環境を望めなければ、仕事から気持ちが離れがちとなり、有望視された人材であったにもかかわらず職場を去ることになりかねない。経営幹部やマネジャーは何よりもまず、個人と組織の能力の最大化を念頭に置き、それを妨げる要因を常に排除して、社員一人ひとりが輝ける会社づくりを目指すことだ。社員自身も会社に必要とされる人材かどうかを自問し、欠けている要素があればそれを克服するよう前向きに努力することで道が開ける。そもそも有望な人材の資質とは何か。そのような人材をいかに育成していくべきか。目に見えないかたちで社員が消耗し、組織が負のスパイラルに陥ってはいないだろうか。知識やアイデアを共有する仕組みを構築したり、社員の「やる気」を定量化する分析手法を導入することも、生産的な企業風土を醸成するために効果的である。
1〜9 件 / 全 9 件 

1
あなたは企業に選ばれた存在か
ハイ・ポテンシャル人材の条件
[組織・人事]  著者:ダグラス・A・ レディ ロンドン・ビジネス・スクール 客員教 ... more
原題:Are You a High Potential?   ほぼすべての企業は、それを認めようと認めまいと、将来有望なマネジャーを特定している。そのプロセスは企業によって異なるが、成長株として選ばれた人材の主な資質と行動は驚くほど似通っている。外見や背景は違っ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

2
有望な社員が会社を去る時
人材育成:6つの過ち
[組織・人事]  著者:ジーン・マーティン コーポレート・エグゼクティブ・ボード コ ... more
原題:How to Keep Your Top Talent   優秀な社員が業績に及ぼす影響は大きい。そのため多くの企業は、有望な人材のための育成プログラムを用意している。しかしこうした試みはあまり効果が上がっていない。また景気後退の影響で期待どおりの待遇が望めな ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

3
「人材分析学」がもたらす競争優位
情報技術が人事管理を変える
[組織・人事]  著者:トーマス・H・ ダベンポート バブソン大学 特別教授  ジェ ... more
原題:Competing on Talent Analytics   グーグル、ベスト・バイ、P&G、シスコ・コーポレーションなどの先端企業は、高度なデータ収集技術と分析技術を駆使して、人材から最大の価値を引き出そうとしている。こうした「人材分アナリティクス析学」を活用 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:11 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

4
組織の知力を引き出すリーダーの条件
あなたは部下を消耗させてはいないか
[組織・人事]  著者:リズ・ワイズマン ザ・ワイズマン・グループ プレジデント   ... more
原題:Bringing Out the Best in Your People   リーダーのなかには、組織の知力や可能性を枯渇させてしまう人(消耗型リーダーと呼ぶ)もいれば、逆に大きく開花させる人(増幅型リーダーと呼ぶ)もいる。これに着目した筆者たちは、IT、医療、バイオテクノロジ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:11 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

5
社員のコミュニティが問題解決力を高める
非公式ネットワークの活用法
[組織・人事]  著者:リチャード・マクダーモット マクダーモット・コンサルティング ... more
原題:Harnessing Your Staff's Informal Networks   さまざまな企業で、社員がグループを形成して知識を共有し、共通の問題に取り組んでいる。このような実践共同体(CoP: community of practice)は強力なマネジメント・ツールになる。専門 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

6
社員を追い詰める「加速の罠」
慢性的な過負荷からの脱却
[ビジネス社会・リーダー]  著者:ハイケ・ブルッフ ザンクト・ガレン大学 教授  ヨッヘン・I ... more
原題:The Acceleration Trap   もしも社員に対して、毎日、そして何カ月にもわたって、常に加速した状態で仕事をするよう努力しろと要求すれば、彼ら彼女らのエネルギーは消耗し、ひいては企業の 業績は悪化する。そのような「加速の罠」から脱却 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

7
職場の「妬み」を克服する
組織を蝕む負のスパイラル
[ビジネス社会・リーダー]  著者:ターニャ・メノン シカゴ大学 ブース・スクール・オブ・ビジネ ... more
原題:Envy at Work   妬みとは自分がほしいものを他人が手にした時に抱く苦痛であり、万人が持つものだ。しかし、マネジャーが職場での妬みを放置していると、人間関係を損ない、チームを分裂させ、組織の業績を徐々に蝕む。そして何より ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:12 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

8
情報の洪水に対処する法
複合的対策で社員を救う
[組織・人事]  著者:ポール・ヘンプ ハーバード・ビジネス・レビュー コントリビュ ... more
原題:Death by Information Overload   知識経済において情報は、最も価値あるコモディティとなった。十分すぎる情報は、時に役に立たず負担にもなる。だからといって、情報過剰を嘆くのは、もうやめるべき時ではないか。続々と開発される新しいテクノロジ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]

9
イノベーションをめぐる対立を解消する
新規チームと既存部門のパートナーシップ構築
[組織・人事]  著者:ビジャイ・ゴビンダラジャン ダートマス大学 タック・スクール ... more
原題:Stop the Innovation Wars   企業の将来を担う戦略的イノベーション・プログラムを立ち上げても、イノベーション・チームとコア事業部門の間で軋轢が生じれば、プログラムの推進が脱線し、会社全体の成長戦略は頓挫しかねない。どうしたら、これ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:14 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2010年12月発行
 [商品説明]
1〜9 件 / 全 9 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針