>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
10月 戦略採用
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月号の掲載文献一覧

タイトル:理想の会社
魅力的な職場とはどのような職場だろうか。働いている人がやりがいと誇りを持っている職場というのが、その答えの一つだろう。やりがいを感じられなければ、優秀な社員が職場を去ることになりかねないし、企業の業績が上がるとも考えにくい。個人の能力を最大化する会社こそ、業績の向上も自然と伴うのではないだろうか。そのような働く人の満足度も高く、企業の業績もよい会社は「理想の会社」といえるはずだ。本特集では理想の会社とは何か、社員や経営者などさまざまな視点を踏まえた6本の論文から考えていく。
1〜7 件 / 全 7 件 

1
企業は都市開発に貢献できるか
民間の力を活用せよ
[経営戦略]  著者:ジョン D・マコンバー ハーバード・ビジネス・スクール 上級 ... more
原題:Building Sustainable Cities   2011年に36億人だった世界の都市人口は、2050年までに60億人を超えるといわれている。現在すでに世界の都市部は過密状態にあるが、とりわけ新興国においてはその問題は深刻である。野放図な開発を防いで ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:16 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]

2
夢の職場をつくる6つの原則
社員に最高の仕事をさせる
[組織・人事]  著者:ロブ・ゴフィー ロンドン・ビジネス・スクール 名誉教授  ガ ... more
原題:Creating the Best Workplace on Earth   世界で最も働きがいのある会社をつくりたいとしよう。それはいったいどんな会社だろうか。数百人の企業幹部に調査を行うと、理想的な組織は「社員に最高の仕事をさせることで、自社の持てる力を最大限に発揮する」と ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:16 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]

3
マネジメントで助け合う組織をつくる
「自己利益の追求」と「他者への思いやり」を結びつける
[組織・人事]  著者:アダム・グラント ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール ... more
原題:In the Company of Givers and Takers   社員が見返りを求めずに他者を援助したり、知識を授けたりする「提供する」行動の多い企業は、業績もよいという。しかし、リーダーが「提供する」行動の重要性を認識し、組織に根づかせようとしても、競わせるような ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:11 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]

4
無礼が利益を蝕む
敬意の欠如は社員と顧客の喪失につながる
[組織・人事]  著者:クリスティーン・ポラス ジョージタウン大学 マクドナー・スク ... more
原題:The Price of Incivility   多くの人が日々、無礼な振る舞いを受け、礼を失した言動を目にしている。従業員は失意のうちに会社を去り、顧客は不快な印象とともに離れ、生産性は失われてゆく。明らかに組織の利益を損なっているにもかかわらず、 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]

5
終身雇用を捨てよう
リンクトイン創業者が語る新たな雇用形態
[組織・人事]  著者:リード・ホフマン リンクトイン 共同創業者  ベン・カスノー ... more
原題:Tours of Duty The New Employer-Employee Compact   20世紀の先進国において、雇用者と被雇用者の間で交わされた雇用協定は安定性が重要視されていた。キャリアは一種エスカレーターのように進むものであり、社内ルールに従う従業員には予想通りの昇進が与えられた。 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]

6
ビッグデータの導入に従来の手法は通用しない
人間中心の5つのガイドライン
[組織・人事]  著者:ドナルド A・マーチャンド IMD 教授  ジョー・ペッパー ... more
原題:Why IT Fumbles Analytics   ビッグデータを活用しようと、ITシステムに大型投資を行い、データ・サイエンティストを雇用したにもかかわらず、それに見合う成果を得られずにいる企業が多い。その原因は、ERPやCRMシステムなどの導入プロ ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]

7
あなたの天敵を味方に変える法
敵対者に信頼の種を蒔く「3R」
[組織・人事]  著者:ブライアン・ウッツィ ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクー ... more
原題:Make Your Enemies Your Allies   嫉妬する同僚、よいアイデアを認めない上司、足を引っ張る部下。こうした「敵」との関係は、自分のキャリアや所属する組織に累を及ぼしかねない。このような関係を根本的に解決するには、「敵」を「味方」に変える必 ... more  
価格(税込):¥880、ページ数:9 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2013年12月発行
 [商品説明]
1〜7 件 / 全 7 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針