>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 新 着
■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧


■ ベスト・セレクション


発 行 号
2019年
9月 時間と幸福のマネジメント―なぜ働きすぎてしまうのかー
8月 ムーンショット―大いなる挑戦が人を動かす―
7月 なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
6月 データドリブン経営
5月 セルフ・コンパッション
4月 シニア人材を競争力に変える
3月 PURPOSE(パーパス)―会社は何のために存在するのか あなたはなぜそこで働くのか―
2月 コレクティブ・インパクト―CSV実現に欠かせない―
1月 フェイクニュース
2018年
12月 好奇心 ―組織の潜在力を引き出しビジネスを成長させる―
11月 AIアシスタントが変える顧客戦略
10月 競争戦略より大切なこと
9月 発想するチーム
8月 従業員満足は戦略である
7月 アジャイル人事―俊敏な組織に進化する―
6月 職場の孤独 ―企業に広がる”病”にどう対処するか―
5月 会社はどうすれば変われるのか
4月 その戦略は有効かー転換点を見極めるー
3月 顧客の習慣のつくり方
2月 課題設定の力
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年2月号の掲載文献一覧

タイトル:日本企業は新興国市場で勝てるか
日本経済が成熟化するにつれ、企業の成長も鈍化する一方である。まさに日本企業はグローバル市場、なかでも成長著しい新興国市場への進出が求められている。欧米企業の積極的な進出に加え、地元企業も目覚ましい成長を遂げている新興国市場において、日本企業が競争優位を築くことはできるのだろうか。避けては通れない新興国市場にいかに挑むか。いまこそ日本企業の覚悟が問われている。
1〜9 件 / 全 9 件 

1
イノベーションが生み出すリスクは管理できるか
金融危機の要因から学ぶ
[経営戦略]  著者:ロバート・C・マートン マセチューセッツ工科大学  スローン ... more
原題:Innovation Risk:How to Make Smarter Decisions   イノベーションにより新たなサービスや仕組みが登場すると、社会に大きな恩恵をもたらすとともに、予想外のリスクが生じるものである。その代表例が2008年の金融危機である。金融技術でのイノベーションから多様 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:13 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

2
新興国市場:日本企業の戦い方
クリアすべき4つの課題
[経営戦略]  著者:市井茂樹 ボストン コンサルティンググループ 東京オフィス  ... more
原題:How to Win in Emerging Markets:Lessons from Japan   日本の多国籍企業はこれまで、新興国の変化のスピードを過小評価していた。しかしいまや先進国の成長は鈍化し、新興国市場で成功を収めなければ、企業の成長は見込めない。新興国市場の地元企業や海外の多国籍企業は ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:10 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

3
新興国のグローバル企業に学べ
リスクを恐れずに市場を拡大する
[経営戦略]  著者:マウロ・F・ギーエン ペンシルバニア大学ウォートン・スクール ... more
原題:Execution as Strategy   新興国から生まれたグローバル企業は、先進国のグローバル企業と比べてみると、機動性が高く、リスクを恐れない特徴を持っている。驚くべきことに、彼らは戦略を重視してはいない。それは新興国ならではの事業環境─ ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:9 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

4
BOP市場の新たなビジネスモデル
薄利多売は通用しない
[経営戦略]  著者:エリック・シマニス コーネル大学  サミュエル・カーティス・ ... more
原題:Reality Check at the Bottom of the Pyramid   企業にBOP層の消費者にも目を向けるように説いたのは、インド出身の経営学者、C.K.プラハラッドだった。そして彼が主張した低所得層を取り込むアプローチは、低価格・低利益率・大量販売といういわゆる薄利多 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:10 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

5
アラブの消費者を理解せよ
イスラム教「五行」に見出すビジネスチャンス
[マーケティング]  著者:ビジャイ・マハジャン テキサス大学オースティン校マッコム経営 ... more
原題:Understanding the Arab Consumer   アラブ世界には政治的、社会的な課題が多く、多国籍企業は投資をためらいがちだ。アメリカ同時多発テロ以降、昨今の民主化運動「アラブの春」も加わって、同地域の不安定さや混沌とした側面ばかりがクローズアップさ ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:10 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

6
現地主義か、グローバル統合か
パナソニックが中国市場から得た教訓
[経営戦略]  著者:若山俊弘 国際大学大学院 教授  新宅純二郎 東京大学大学院 ... more
原題:What Panasonic Learned in China   グローバルに展開する多国籍企業は、新興国市場での事業と本社とを切り離して考えがちである。もちろん、地域の文化や事情に即したグローカル化は進められてきたし、最近のリバース・イノベーションという開発戦略も ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:9 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

7
ロレアル流 グローバル・チームのつくり方
複数の文化的ルーツを持つ人材を活かす
[組織・人事]  著者:ホン・へジョン ルーアン・ビジネス・スクール 助教  イブ・ ... more
原題:LOreal Masters Multiculturalism   グローバル化が進むほど、本社と各国拠点との関係に苦慮する場面が増えるものだ。国内では難なく共有される暗黙知が、国境を越えると、たちまち誤解や対立の元凶となってしまう。グローバル統合で規模や範囲の経済を ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:10 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

8
トライセクター・リーダー:社会問題を解決する新たなキャリア
民間、公共、社会の垣根を超えて活躍する
[組織・人事]  著者:ニック・ラブグローブ インターセクター・プロジェクト 副会長 ... more
原題:Triple-Strength Leadership   環境資源不足や人材育成、金融システムの安定化といった普遍的な問題の解決はだれが担うべきか。それは政府、産業界、市民社会の「黄金のトライアングル」である。異なるセクターが力を合わせない限り、ソリューショ ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:15 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]

9
グローバル・エリートへの道
知識とスキルを身につけるだけではない
[組織・人事]  著者:グレゴリー・C・アンルー サンダーバード国際経営大学院 教授 ... more
原題:Join the Global Elite   「グローバル・エリート」とは、たとえば日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏のように、幅広い国際経験を持ち、語学にも堪能で世界的な人脈を活用できる人物だ。彼らは、自社にグローバルな視点を持たせることで価 ... more  
価格(税込):¥864、ページ数:8 p、右綴 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー  2014年02月発行
 [商品説明]
1〜9 件 / 全 9 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針