>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧

発 行 号
2000年
4月 Vol.21 病院・医療市場改革と新事業機会
1999年
10月 Vol.20 コーポレート・ファイナンス
9月 Vol.19 “FT”による新たな成長産業出現の兆し  金融型新事業創造
1998年
12月 Vol.18 バリューチェーン革命T  −オープン・ネットワーク・アーキテクトへの道−
9月 Vol.17 小売業の再生戦略
6月 Vol.16 進化する製造業  ―断トツ経営の処方箋
3月 Vol.15 金融機関の自己革新
1997年
12月 Vol.14 CEOは今、何をすべきか
9月 Vol.13 アジア市場の潜在力
6月 Vol.12 ポスト・インターネット時代の事業モデル
3月 Vol.11 新たな成長を求めて
1996年
12月 Vol.10 思考の転換
9月 Vol.9 戦略的合従連衡
6月 Vol.8 製造業の成長戦略
3月 Vol.7 成長する組織、進化する経営
1995年
12月 Vol.6 PFS[個人金融サービス]
9月 Vol.5 ヘルスケア・リフォーム
6月 Vol.4 マルチメディア
3月 Vol.3 マーケティングの新次元
1994年
12月 Vol.2 アジア市場戦略
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


The McKinsey Vol.18の掲載文献一覧

タイトル:バリューチェーン革命T  −オープン・ネットワーク・アーキテクトへの道−
1〜6 件 / 全 6 件 

1
バリューチェーン・アーキテクトヘの道
[論文]  著者:名和 高司
1990年代の後半、新しい時代を予感させる3つの動きがあった。そして、そのいずれも、情報技術の飛躍的な進歩がドライバーとなっている。第一は、情報通信そのものの質的変化をもたらした「マルチメディア革命」 ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:28 p、左綴 The McKinsey 1998年12月発行
 [商品説明]

2
インタラクション革命
[論文]  著者:Patrick Butler  Ted W.Hal  Ali ... more
●はじめに現在の世界経済は、企業活動の大きな変化の初期段階にある。2世紀前、トランスフォーメーションの経済、つまり、生産と輸送に起こった大きな変化が産業革命を駆動した。同じように規模の大きな変革が、イ ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:30 p、左綴 The McKinsey 1998年12月発行
 [商品説明]

3
情報技術を駆使した経営革新−IPRに向けて
[論文]  著者:名和 高司  荒巻 健太郎
情報技術の飛躍的な発展に伴うインタラクションコストの劇的な低減は、「IPR」(Industry Process Redesign)という新しい経営革新の手法を現実のものにしつつある。BPRが各企業の自 ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:30 p、左綴 The McKinsey 1998年12月発行
 [商品説明]

4
自動車産業−開放系モデルがもたらす新たな成長機会
[論文]  著者:名和 高司
●はじめに自動車産業が、今世紀を通じて「成長」のシンボルであったことは、おそらく異論のないところであろう。そして、日本の自動車産業の競争力が、「日本脅威論」や「日本礼賛論」を巻き起こしたことは、さほど ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:36 p、左綴 The McKinsey 1998年12月発行
 [商品説明]

5
「選択」と「協働」がもたらす成長機会
ネットワーク型金融機関の実現に向けて
[論文]  著者:荒巻 健太郎
●はじめに日本の金融産業の建て直しが緊急の課題であることは、論を待たないであろう。金融機関の経営難が、中小企業への貸し渋りとそれによる彼らの倒産を引き起こし、それが日本経済、ひいては東南アジアをはじめ ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:32 p、左綴 The McKinsey 1998年12月発行
 [商品説明]

6
競争力のある産業インフラを作る
物流業界−真に筋肉質な業態への転換
[論文]  著者:牧田 俊一
●はじめに物流業は一見地味な産業だが、金融と並んで経済活動のインフラを形成する極めて重要な産業である。実際、日本国内で物流サービスに費やされている費用は約50兆円に達し、これは金融サービスの17兆円( ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:28 p、左綴 The McKinsey 1998年12月発行
 [商品説明]
1〜6 件 / 全 6 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針