>>Harvard Bisiness Review >>McKinsey Quarterly >>経営情報学会誌 >>展 望
     
全ての語を含む いずれかの語を含む  最大3つの単語まで入力できます。
メニュー

■ HOME

■ 発行号から探す
■ 著者から探す
■ カテゴリから探す
■ 全ての文献を一覧

発 行 号
2000年
4月 Vol.21 病院・医療市場改革と新事業機会
1999年
10月 Vol.20 コーポレート・ファイナンス
9月 Vol.19 “FT”による新たな成長産業出現の兆し  金融型新事業創造
1998年
12月 Vol.18 バリューチェーン革命T  −オープン・ネットワーク・アーキテクトへの道−
9月 Vol.17 小売業の再生戦略
6月 Vol.16 進化する製造業  ―断トツ経営の処方箋
3月 Vol.15 金融機関の自己革新
1997年
12月 Vol.14 CEOは今、何をすべきか
9月 Vol.13 アジア市場の潜在力
6月 Vol.12 ポスト・インターネット時代の事業モデル
3月 Vol.11 新たな成長を求めて
1996年
12月 Vol.10 思考の転換
9月 Vol.9 戦略的合従連衡
6月 Vol.8 製造業の成長戦略
3月 Vol.7 成長する組織、進化する経営
1995年
12月 Vol.6 PFS[個人金融サービス]
9月 Vol.5 ヘルスケア・リフォーム
6月 Vol.4 マルチメディア
3月 Vol.3 マーケティングの新次元
1994年
12月 Vol.2 アジア市場戦略
・・・more

キーワードで探す
組織・人事戦略
マーケティング
財務・会計戦略
IT戦略
問題解決
思考

経済学
ベンチャー
コンサルティングファーム
経営

右綴じ右綴じ(縦書き)
左綴じ左綴じ(横書き)
※右綴じ・左綴じを選択した場合、自動的に別製本となります。


The McKinsey Vol.20の掲載文献一覧

タイトル:コーポレート・ファイナンス
1〜9 件 / 全 9 件 

1
コーポレートの時代
[論文]  著者:山梨広一
企業価値に対する注目度が、昨今著しく向上している。投資家や経営者だけでなく、ビジネスマンの誰もが企業価値という言葉を頻繁に口にするようになった。企業価値や株価が企業を評価する重要な指標である、と世の中 ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:8 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

2
時価総額の増大が至上命令
グローバル化が進む世界における企業戦略
[論文]  著者:ローウェル・L・ブライアン  ティモシー・G・ライオンズ   ... more
できるならば、勝手知ったる自国市場という池の大魚でいたい。これは多くの企業の偽らざる本音だろう。 しかし、それでは自社の独立性を維持できるだけの、高い市場価値は生み出せない。 株主資本利益率(ROE) ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:20 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

3
株主価値に基づく銀行経営
ロイズTSB会長サー・ブライアン・ピットマン氏に聞く
[論文]  著者:パーサ・ボース  アラン・モーガン
本稿は、今日、規模こそ世界最大とはいえないが、世界で最も価値の高い銀行の1つとなった英国の商業銀行ロイズTSBのトップヘのインタビューをまとめたものである。同行の成功を支えてきた株主価値重視の経営モデ ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:16 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

4
強い「通貨」を求めて
優れた戦略とガバナンスで企業の価値を高める
[論文]  著者:平野正雄
“……your company is in better financial shapethan it has been many years. But we are notresting on ou ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:16 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

5
不確実性下での意志決定における「柔軟性」の価値とは?
[論文]  著者:トーマス・E・コープランド  フィリップ・T・キーナン
将来の不確実性が高いほど「柔軟性」の価値は大きい。ただし、ディスカウントキャッシュフロー法では「柔軟性」の価値を算出することはできない。 経営者にとっての「柔軟性」の価値を算出するためには、オプション ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:22 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

6
「市場価値創造型経営」確立へのアプローチ
[論文]  著者:トーマス・A・バワーズ  山本修
日本企業を平均として見ると、その使用資本に対して生み出されるリターンは、1990年代を通じて一貫して低下し、またその水準は、常に使用資本コストを下回っている。つまり、90年代の平均的日本企業のおかれて ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:12 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

7
合従連衡によるソリューション・スペースの拡大
[論文]  著者:本田桂子  石賀健  堀江大介
日本企業が絡むM&A(合併・買収)、および戦略的アライアンス[以下、本稿では両者を合わせて“合従連衡”と称す]が近年、増加傾向をたどっている。この現象の主な要因として、厳しい状態の続いている国内経済の ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:18 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

8
企業合併:何が難しいのか
[コラム]  著者:門永宗之助
●著者紹介門永宗之助は東京オフィスのディレクター。ヘルスケア研究グループの日本におけるリーダーとして、ヘルスケア関連企業の全社戦略、組織設計、新製品のマーケット戦略、営業組織のスキル構築などに従事。ま ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:4 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]

9
合従連衡戦略立案のための要素
コーポレート・ファイナンス あとがき
[あとがき]  著者:横山禎徳
最近、企業間の「合従連衡」という表現が、新聞や雑誌等で頻繁に使われるようになった。戦略的提携の同義語として使われていることが多いようだ。しかし、我々は「合従連衡」をもっと幅広く定義している。すなわち、 ... more  
価格(税込):¥550、ページ数:8 p、左綴 The McKinsey 1999年10月発行
 [商品説明]
1〜9 件 / 全 9 件 
Copyright©2001-2019 Contents Works Inc. All rights reserved. 個人情報保護方針