HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥2,288
・一般価格 ¥2,860
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1158
■ページ数 62ページ
■発行日
2009/06/15
■タイトル 医療福祉における生体計測技術
■タイトル(英語) Bioinstrumentation technology in the medical and welfare field
■著者名 医療福祉のための生体計測技術調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D committee on Bioinstrumentation technology in the medical and welfare field
■価格 会員 ¥2,288 一般 ¥2,860
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 生体計測、画像診断、遠隔医療、安全性/bioinstrumentation, imaging and visualization, telemedicine, safety
■要約(日本語) 近年の医療における計測や診断技術には画像処理技術や光応用技術など多くの工学技術が利用されている。福祉分野においても高齢者の健康や生きがい作りの視点から、新しい福祉用具の開発とその評価法など重要な課題も多い。しかし、これら医療福祉における計測技術の発展はまだ十分とは言えない。その原因は、医療福祉における生体計測技術に関しての基礎研究や応用研究あるいは機器開発などの体系的な知識の蓄積が不十分であることが考えられる。本調査専門委員会は、医療福祉における生体計測技術のさらなる発展に寄与することを目的として発足し、生体組織の電気的・光学的特性とその生理機能、生体機能のモデリングやシミュレーション技術、遠隔医療、医療機器の安全性と法規制など多くの調査項目について広範囲な学術的調査活動を実施してきた。本報告書は2年間の委員会活動の成果を項目毎にまとめたものである。第1章は緒言、第2章および第3章は画像解析を用いた生体計測技術、第4章から第6章は光技術を用いた生体計測技術、第7章および第8章は生体計測のためのシミュレーション技術、第9章は福祉医療への計測技術の応用、第10章は遠隔医療、第11章は生体計測における法規制について記述している。
■要約(英語) In recent years, a lot of engineering technology such as the imaging, visualization, and the optical application are used about the measurement and the diagnosis technology in the medical treatment. In the welfare field, the development of the new welfare instrument and the evaluation method are an important problem. The bioinstrumentation is electric, the optical characteristic and the physiological feature, the safety of the medical equipment and so on are an important investigation item. The investigating R&D committee on bioinstrumentation technology in the medical and welfare field investigated in the wide area to contribute for the bioinstrumentation technology to develop. This report is roughly divided into eleven chapters. Chapter 1 is an introduction. Chapter 2 and chapter 3 are the bioinstrumentation technology which used an image analysis. It is the bioinstrumentation technology which used an optical technology from chapter 4 to chapter 6. Chapter 7 and chapter 8 are a simulation technology for the bioinstrumentation. Chapter 9 is the application of the measurement technology to the welfare medical treatment. Chapter 10 is medical telemetry. Chapter 11 is a legislation degree in case of bioinstrumentation.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

パルスパワー技術の産業応用38ページ¥2,310(税込)
安全安心のための赤外線技術58ページ¥2,750(税込)
産業部分野における省エネルギー技術の適用動向と課題68ページ¥2,970(税込)
未来エネルギーネットワークにおける水素と燃料電池66ページ¥2,970(税込)
電磁界の健康リスク評価の現状62ページ¥2,860(税込)
新世代の電気・磁気アクチュエータ52ページ¥2,640(税込)
公共施設におけるシミュレーション技術の現状と今後の展望99ページ¥3,740(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.