HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,080
・一般価格 ¥3,850
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1175
■ページ数 105ページ
■発行日
2009/12/25
■タイトル 高速電力線通信の技術動向と適用事例
■タイトル(英語) Technical trends and applications on high-speed power line communication
■著者名 高速電力線通信(高速PLC)調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on high-speed power line communication
■価格 会員 ¥3,080 一般 ¥3,850
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【C】電子・情報・システム
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 高速電力線通信,PLC,伝送特性,標準化,スマートグリッド/high-speed power line communication, PLC, transmission characteristics, standardization, smart grid
■要約(日本語) 高速電力線通信(高速PLC)は,家庭やオフィスなどでのユビキタスネットワークの実現や,スマートグリッドの通信インフラを構成する有力手段の一つとして,多くの期待が寄せられている。このような背景から,本調査専門委員会では,平成19年10月から平成21年9月までの2年間,高速PLCの技術動向,標準化動向,適用形態などについて調査を行い,その結果を本報告書に集約した。
 本報告書の2章では,高速PLCの基盤技術についての調査結果を報告している。具体的には,屋内・屋外,船舶,および自動車内における電力線の伝送特性,高速PLCの通信技術,並びに国際会議などにおける最新の研究動向について述べている。
 3章では,海外における高速PLCを用いたブロードバンドサービスの動向,並びに,近年注目を集めているスマートグリッドの動向について報告する。続く4章では,高速PLCの標準化動向についての調査結果を述べている。最後の5章では,様々な分野における高速PLCのニーズと適用事例について整理を行った。 これら調査結果より,高速PLC技術の現状と課題の把握,および将来展望を示すことができた。
■要約(英語) High-speed power line communication (PLC) is greatly expected as a powerful technology to realize ubiquitous networks in home / building and telecommunication infrastructure for smart grid systems. This committee investigated the latest trends on PLC technologies, standardizations and applications from October 2007 through September 2009, and reports them in this document. In chapter 2, fundamental technologies of high-speed PLC are reported. Specifically, (1) transmission characteristics of power lines wired indoors, outdoors, in ships and in vehicles, (2) signal transmission technologies, and (3) recent research trends. The oversea trends on broadband services and smart grid systems using PLC are reported in chapter 3. In chapter 4, standardization trends on high-speed PLC are reported. Finally, in chapter 5, the needs and applications of PLC in various fields are investigated. From the above studies, we show the recent status and issues on high-speed PLC, and present future perspectives on it.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

配電線雷被害メカニズムの解明と被害率予測手法の高度化53ページ¥2,750(税込)
移動体用エネルギーストレージ技術の現状と展望70ページ¥3,080(税込)
配電用品ライフサイクルマネジメントの動向と課題92ページ¥3,630(税込)
産業部分野における省エネルギー技術の適用動向と課題68ページ¥2,970(税込)
未来エネルギーネットワークにおける水素と燃料電池66ページ¥2,970(税込)
電磁界の健康リスク評価の現状62ページ¥2,860(税込)
小形モータの用途別性能向上および評価技術90ページ¥3,630(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.