HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥2,288
・一般価格 ¥2,860
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1311
■ページ数 59ページ
■発行日
2014/06/30
■タイトル 生産スケジューリングシステム導入ガイド ―失敗しないシステム開発のために―
■タイトル(英語) A Development Guideline for Production Scheduling Systems- for successful introduction -
■著者名 生産スケジューリング業務のシステム化規範に関する協同研究委員会
■著者名(英語) Working Group of a Reference Model for Production Scheduling System Construction based on Business Process Modeling
■価格 会員 ¥2,288 一般 ¥2,860
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 生産スケジューリング,生産管理,システム開発,業務プロセス,モデリング/Production Scheduling, Production Management, System Development, Business Process,Modeling
■要約(日本語) 急激な情報システム化技術の進展により,製造業において,より利益を出すための仕組みとして生産管理システムが多く導入されている.そして,生産管理システムの中で重要な役割を果たしている生産スケジューリングシステムの導入も盛んに行われてきた.しかし,すべての導入が成功しているわけではない.むしろ成功した事例の方が少ないのが実状であり,苦労して導入したシステムも利用されなくなってしまう場合も少なくない.システム仕様の複雑さによって所望の性能が得られない失敗事例が多く存在している.このような失敗事例では,システムの開発コストのみならずシステムを維持していくための保守コストも継続的に発生し,ユーザに多大な負担を強いる結果を招いている.このような問題を解消するために,電気学会 電子・情報・システム部門 システム技術委員会において「生産スケジューリング業務のシステム化規範に関する協同研究委員会」を設置し,システムベンダー,ユーザ,大学からの委員が様々な観点から議論を重ねてきた.本技術報告書では,まず,システム開発の問題およびそれを引き起こしている原因を考察し,このような問題が生じないような真に有効な生産スケジューリングシステムの導入方法について検討し,今後のシステム開発の方向性を示唆している.
■要約(英語) With rapid growth of the information technology, many systems for production management using personal computers have been installed into many manufacturing industries. It was also the same time that production scheduling systems began to be introduced in production sites. A production scheduling system includes the very important role for production cost reduction and the improvement in customer satisfaction. However, since a production scheduling system needs the complicated decision-making mechanism, not all systematization has been successful. The decision-making mechanism is different in each purpose and production process of a manufacturing factory and the environment which surrounds a manufacturing company is changing with a product life cycle reduction continuously. Therefore, there are various difficulties in system development and whether systematization is successful is a great influence on a system engineer's skill. Then, in order to realize homogeneous systematization to various kinds of production processes, a reference model for development of production scheduling systems with flexible extendibility and adoptability related to dynamic changes is desired. In System Technical Committee of Electronics, Information and Systems Technical Society, IEEJ, "Working Group of a Reference Model for Production Scheduling System Construction based on Business Process Modeling" was launched to conduct investigation and analysis of a decision making process of production scheduling. In this technical report firstly difficulties of constructing scheduling systems are reviewed, and a novel reference model formed through the discussion in this working group is shown.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

遮断器の性能評価技術に関する最近の国内外動向83ページ¥3,410(税込)
磁性材料の進歩とリラクタンストルク応用電動機の高性能化56ページ¥2,750(税込)
生体を含む電磁界解析技術49ページ¥2,640(税込)
特殊同期機の現状と将来動向43ページ¥2,420(税込)
ナノスケール磁性材料の新機能性−作製・評価・応用−48ページ¥2,530(税込)
鉄道車両駆動における蓄電装置応用技術55ページ¥2,750(税込)
ITSとセンシング62ページ¥2,860(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.