HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,696
・一般価格 ¥4,620
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1322
■ページ数 70ページ
■発行日
2014/10/30
■タイトル 自動車用スマート電力マネジメント技術
■タイトル(英語) Technologies for Automotive Smart Electric Power Management
■著者名 自動車用スマート電力マネジメント調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Technologies for Automotive Smart Electric Power Management
■価格 会員 ¥3,696 一般 ¥4,620
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 自動車用,電力マネジメント,スマートグリッド,蓄電デバイス/Automotive electric power supply,energy management,smart grid,electricity storage device
■要約(日本語) 近年のCO2排出増加に伴う環境問題,化石燃料の枯渇問題に直面する中,持続可能な社会の実現に向けCO2削減を抑える低炭素・高効率エネルギー社会の形成が進められている。スマートグリッド、スマートハウス、スマートシティなどスマートという言葉はIT化によるエネルギー効率向上の代名詞として使用され、様々なシステムへの適用拡大が図られている。今後、これらのスマートシステムは高品質で高い信頼性を有する電力供給、使用電力の削減、再生可能エネルギーとの接続、電力管理システムの構築に向けてその適用が拡大を続けると予測される。PHEV車(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)やEV車(Electric Vehicle)は上位の外部インフラとの協調を通じて高効率エネルギー社会において重要使命を担う。自動車の低燃費化やゼロエミッション化に向けてパワートレインの電動化が進められてきた。パワートレインを安全に最適に動かす車両のインフラとして電源システムの重要性が増大してきた。電源システムも大容量化、高効率化、高信頼化に向けて進化し続けている。上述した社会のスマート化において今後の外部インフラとの協調化を踏まえ、さらなる電動化,電子制御化の進展が不可欠となっている。そこで自動車用電源システムにおける電力マネジメント技術に焦点を当てて国内外の動向を調査し、課題や解決策の整理をおこなった。本調査活動は2012-13に行われたものである。
■要約(英語) In the course of facing environmental issues relating to increasing CO2 emissions and the depletion of fossil fuels, we have been developing the formation of low-carbon and high-efficiency energy society to reduce CO2 emissions for the realization of a sustainable society. As for smart grid, smart house, smart city and so on, “smart” appearing in these words is used as a synonym for the improvement of energy efficiency by IT systems, and its widespread use to various systems has been achieved. In future, these smart systems are to be expected to continue to grow toward high-reliability and high-quality power supply, reduction of power consumption, a connection with renewable energy, and configurations of power management systems. EV (electric vehicle) and PHEV (plug-in hybrid electric vehicle) play an important mission in the high-efficiency energy society in cooperation with external infrastructures of the grid. Electrification of automotive powertrains has been improved for zero emission and low fuel consumption of automobiles. Power supply systems safely and optimally to operate powertrains have been of great importance as infrastructures for automobiles. Power systems also have been being developed toward their large capacity, high efficiency and high reliability. On the basis of the relationship between the cooperation with external infrastructures of power supply systems of automobiles and the society based on smart systems described above, hereafter, further development of electrification and electronic control systems of automobiles is to be inevitable. Domestic and international trends have been investigated by taking account of these situations and focusing onto technologies for integrating these electric power supply systems of automobiles, and issues and their solutions have been organized. These investigation activities were conducted from 2012 to 2013.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 14Mバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.