HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,110
・一般価格 ¥3,888
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1333
■ページ数 51ページ
■発行日
2015/02/25
■タイトル 家庭等における情報通信機器・システムのエネルギー技術動向
■タイトル(英語) Technology Trends in Energy Systems of Information Apparatuses in Home and Office
■著者名 家庭等における情報通信機器・システムのエネルギー技術動向調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Information Apparatus Energy System Trends in Homes and Offices
■価格 会員 ¥3,110 一般 ¥3,888
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 情報通信機器,省エネルギー,創エネルギー,蓄エネルギー,HEMS/IT system, energy-saving technologies, energy creation technologies, energy accumulation technologies, smart house
■要約(日本語) 情報通信ネットワークが社会の隅々まで進展し、その機能、性能が著しく向上すると共に、それを基にした新たなサービスやビジネスも生まれている。ネットワークの規模の拡大とサービスの向上は、今後も着実に進むことが予想され、これに伴うエネルギー消費の大幅な増大が懸念される。このような背景を基に、家庭等における情報通信機器・システムのエネルギー技術動向調査専門委員会が設置され、以下の調査項目を揚げて専門家からのヒヤリングや文献を通じて調査を進め、本技術報告をまとめた。(1)家庭等と外部とを結ぶ通信ネットワーク、(2)家庭等における創エネや蓄エネシステム、(3)エネルギー管理システム、(4)省エネやエネルギー高効率利用技術、(5)普及促進のための施策。 第1章では、家庭等における通信ネットワークの高速化やワイヤレス化の動向と、電力メータやガスメータ等のスマートメーターの導入状況と今後の普及計画について述べた。第2章では、太陽光発電や小型風力発電、燃料電池発電などの分散電源の普及状況や、電力会社からの一方的な電力供給でない電力制御として、創エネと蓄エネを組合せによる、自立と自律の進展状況について述べた。第3章では、HEMSの高度化状況として、通信プロトコルの共通化による電力可視化と各種センサとの連動による節電制御や、創エネ・蓄エネ連携によるピークシフト等の実証プロジェクトや製品化の動向について述べた。第4章では、エアコンや照明、車載用充電器およびエネルギーハーベスティングなどに適用される省エネデバイス技術や高効率回路技術の動向と、更に、鉄道分野における創エネ,蓄エネの利用状況について述べた。第5章では、国による法律の制定や補助金政策が、従来の太陽光発電や燃料電池などの導入促進から、HEMSやスマートシティプロジェクトの普及と実現にシフトしている状況と、諸外国におけるグリーンエネルギー分野の政策動向について述べた。
■要約(英語) The information network is widely spreading throughout society, and its functions and performance are improving remarkably. New services and businesses using this network are also emerging. It is expected that the expansion of the network scale and improvement of services will continue to progress steadily. We are therefore anxious about the large increase of energy consumption that will accompany network expansion. The “Investigating R&D Committee on Information Apparatus Energy System Trends in Home and Office” was set up and investigated following energy saving technologies and systems in home and office. (1) information network technology,(2) renewable energy and energy accumulation, (3) Energy management system(HEMS and BEMS) , (4) Power Electronics technologies for energy-saving,(5)The policy by the government and countries The trends in the high-speed broadband technology for home and Public network are covered in Chapter 1. The trends in energy generation and accumulating technology are described by Chapter 2. The trends in HEMS and power management technology such as peak-shift control are covered in Chapter 3. Trends in power supply circuits and devices applied for home electronics energy-harvesting are shown in Chapter 4. Technology trend regarding railway field is also described. Green energy promotion policies of foreign countries are described in Chapter 5.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 6,445Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.