HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥2,721
・一般価格 ¥3,888
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1390
■ページ数 31ページ
■発行日
2017/02/20
■タイトル BACSインターオペラビリティの構築
■タイトル(英語) Creation of interoperability for BACS
■著者名 BACS/BEMSにおけるオープンなインターオペラビリティの構築協同研究委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee of creation of interoperability for BACS/BEMS
■価格 会員 ¥2,721 一般 ¥3,888
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード BACS/BEMS、インターオペラビリティ、IoT、電気設備/BACS/BEMS, interoperability, IoT, electrical installation
■要約(日本語) ビルにおける電気、ユーテリテイ、照明、空調、給排水衛生、防災などの電気設備は、中央監視室にて一元的に監視、制御および管理している。この種の電気設備は、設備のエネルギーや人の効率的な運用と稼働状況を人的または自動的に常時監視し、またトラブル発生時に適切に対応し、良好な状態を維持している。BACSはBEMS(Building and Energy Management System)の機能およびビルの建築設備機器のライフサイクルマネジメント(LCM)のための機能をも併せ持って、ビルの高度なICTインフラ設備になっている。BACSにおけるインターオペラビリティの構築に関する内外の技術を各種の切り口から工学的に調査研究した。そして,BACSの構築におけるオープンなインターオペラビリティのあるべき形態と今後の進むべき方向を工学的に調査検討した。BACSのインターオペラビリティ構築に関する事項に関しても、調査研究を行い、その結果を技術報告にまとめた。本技術報告の成果は、BACSにおけるオープンなインターオペラビリティとサービスのIoT時代に対応する具体的形態と今後の進むべき方向を工学的に提案することが可能。
■要約(英語) The electrical installations of an electricity, a utility, a lightning, an air conditioning, a water supply and drainage and hygiene, a disaster prevention, etc. are supervised and controlled, and managed uniformly by the central monitoring room. This type of the electrical installation supervises continuously and automatically an effective management and a condition of the electric power consumption of the installation and workforce (people). The electrical installation can treat appropriately the occurrence of the installation trouble and maintain the best condition of the installation. The BACS has not only the function of BEMS (Building and Energy Management System) but also the function for the life cycle management (LCM) in the building equipment. These functions consist of the high intelligent building equipment. The investigating R&D committee does the surveying and research from the perspective of the internal and external technologies related to the creation of the interoperability for the BACS from the view point of an engineering. Moreover, the surveying and research of an appropriate policy and a future course of the opened interoperability are performed for the creation of the BACS and its results are summarized in this technical report. The results of the technical report will be possible to apply the specific policy and the future course correspond to the IoT stage of the opened interoperability and service for the BACS from the view point of the engineering.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 2,384Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.