HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥4,573
・一般価格 ¥6,534
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1407
■ページ数 91ページ
■発行日
2017/08/25
■タイトル 実用的インバータ駆動モータ絶縁評価法
■タイトル(英語) Practical Evaluation Method for Electrical Insulation of Inverter-fed Motors
■著者名 インバータ駆動モータコイルの絶縁評価法調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Insulation Evaluation of Inverter?fed Motors
■価格 会員 ¥4,573 一般 ¥6,534
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード インバータ駆動モータ,インバータサージ,部分放電,絶縁評価,国際規格/Inverter?fed motor, inverter surge, partial discharge, insulation evaluation, international standards
■要約(日本語) インバータによるモータの高効率運転は高い省エネルギー効果が期待できる一方で,インバータサージと呼ばれる急峻な立ち上がりの高電圧によるモータ絶縁システムのトラブルが危惧されている。そのため,産業用モータや車両用モータの開発現場では,その有効な対策と評価技術が求められている。トラブルの原因は様々な環境条件下(温度,湿度,気圧)で発生するナノ秒時間スケールの部分放電(PD)現象である。PDが発生する電圧(PDIV)は計測するたびに違うとの報告も多い。その理由は何か? 複雑なPDの発生予測と防止のためには,そのメカニズムの十分な理解がポイントである。また,交流とは違ったインパルス試験波形発生のための電源や微弱なPD信号を検知できる計測器はあるのか?これらの要望と質問に応えるのが本報告書のねらいである。本報告書の作成にあたり,読者の皆さんにとってできるだけ分かり易く,また評価試験を行う際の具体的な手引きとなるように心掛けた。
先ず基礎事項を理解するための2章では,サージ解析,環境要因によって変化するPD現象,ナノコンポジット耐サージ線と高PDIV線について解説した。本報告書の最大のセールポイントは5章である。ここでは,IEC国際規格 (3章)に準拠しながら実機モータとPD計測ツール(4章)を用いて実施したラウンドロビン試験と追加試験の成果について記述している。さらに,6章では,近年注目されている電気自動車の開発動向として,高い絶縁性能を保持しながらモータの小型軽量化,高電圧化を実現する先進技術について紹介した。ではさっそく,ページをめくって,インバータ絶縁の世界をマスターしよう。
■要約(英語) To drive motors by modern invertors is highly effective for saving energy, but there is fear that the electrical insulation system of motor windings is broken by sharp and excessive invertor surges voltage. Therefore, for  manufacturing of motors, useful evaluation and protection technologies are required against such issues. The insulation problem on inverter-fed motors is due to the invertor surge generating a partial discharge (PD) in the motor windings. Various environmental factors (temperature, humidity and atmospheric pressure) affect PD phenomena, leading to their complicated characteristics. Many related researchers are reporting the PD inception voltage (PDIV) varies widely when measuring it. What is the reason for it? For the purpose of predictions, and precautions for PD occurrence, it is important to understand PD mechanisms. Are there also impulse waveform generators and PD sensors capable of detecting a very weak signal? The main purpose of this technical report is to respond to these requests and questions. With the goal of making this report easy for readers to understand, we also desire this report will become useful instruction when evaluating practical motors. In “chapter 2” for understanding fundamental issues, the following items are described; surge analysis, PDs depending on environmental factors, nanocomposite surge-resistance wire and high PDIV wire. The main selling point of this report is “chapter 5”, which reports outcomes from the round-robin insulation tests using actual motors and PD measurement tools (chapter 4) performed by the technical committee members according to the IEC international standard (chapter 3). “Chapter 8” describes interesting contents of development of advanced insulation technology of electric vehicles to realize compactness and higher voltages. Thus, we proceed to open the first page and master “the world of inverter insulation”.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 9,589Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.