HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥4,490
・一般価格 ¥6,415
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1432
■ページ数 65ページ
■発行日
2018/07/25
■タイトル テラヘルツ技術の進展と非破壊検査技術
■タイトル(英語) Progress in Terahertz Technology and Non-destructive Testing
■著者名 テラヘルツ波を用いた非破壊検査技術調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Non-destructive Testing by Terahertz Waves
■価格 会員 ¥4,490 一般 ¥6,415
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード テラヘルツ波,非破壊検査,計測システム,産業応用,分析技術/Terahertz waves, non-destructive testing, measurement system, industrial application, analytical method
■要約(日本語) 光波・電磁波による非破壊検査は,優れた視認性と遠隔計測を大きな特徴とし,各種公共設備の建設と保守,各種製品の製造と点検の現場で幅広く期待されている。これら構造物や製品に補強や保護などの目的で用いられるセラミックスや樹脂材料は,0.1〜10 THzといった周波数帯域で透過特性を示す。テラヘルツ波と呼ばれるこの周波数帯の電磁波を用いると,構造物の内部断層を調査するだけでなく,内部変状物質の同定も可能となる。このような化学分析への展開は,電波やX線でも困難な領域である。本報告書では,テラヘルツ計測システムの進展を述べたあと,文化財,火力発電用タービン翼,石油備蓄タンク,送電鉄塔,各種コンクリート構造物でのテラヘルツ計測技術の適用状況を具体的に紹介する。さらに,各種高分子,電気絶縁体,薬剤,危険薬物,医療やバイオセンシングでの応用について,特にスペクトル解析の観点から報告する。さらに,これら具体的分野からの報告を踏まえ,テラヘルツ計測システムに対する技術課題と現在の発展状況を記載した。テラヘルツ波技術の多くは日本発,もしくは日本が中心となって進めてきており,計測装置のアップデートも進められてきた。今後,装置の小型化,高性能化,低価格化が進むと思われる中で,本報告書がこの分野の発展の一助になれれば幸甚である。
■要約(英語) Non-destructive testing using light and electromagnetic waves has the great features of visibility and remote sensing, so that its application is demanded in many fields such as building and maintaining public infrastructures as well as manufacturing and verifying commercial products. Ceramic and polymeric materials used to reinforce or to protect such structures and products exhibit excellent transparency in the frequency range from approximately 0.1 to 10 THz. Electromagnetic waves in this frequency range called terahertz waves can actualize tomography inspection of the internal structure. Specific frequency spectral analysis can also identify materials, something that cannot be achieved even with radio waves or X-rays. This technical report summarizes the current status of such terahertz non-destructive testing on cultural heritage sites, turbine blades used in power stations, petroleum tanks, transmission power lines and concrete structures. This report also introduces progress in terahertz material identifications for polymers, electrical insulating materials, pharmacological agents, dangerous drugs as well as medical and bio sensing. Specific industrial examples also provide specific technological subjects to improve in terahertz systems. Committee members are obliged if this technical report can assist system developments such as miniaturization, increased sophistication and price reduction.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 12Mバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.