HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,049
・一般価格 ¥4,356
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1439
■ページ数 44ページ
■発行日
2018/09/25
■タイトル 鉄道信号設備における接地技術に関する国内外の動向
■タイトル(英語) Domestic and overseas trends on earthing technology in railway signalling equipments
■著者名 鉄道信号・通信設備接地基準検討協同研究委員会
■著者名(英語) Railway signalling and telecommunication equipments earthing criteria researching committee
■価格 会員 ¥3,049 一般 ¥4,356
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 鉄道信号、接地/Railway signalling, earthing
■要約(日本語) 輸送サービスの停止を極力避けなければならないという現在の社会的ニーズを鑑みると,信号・通信設備における地絡,雷,電磁誘導といった電磁環境に対する耐性向上は強く望まれる事項である。一方,地絡,雷,電磁誘導に起因する障害には,接地システムが大きく関与していることが多い。海外では,専用の接地導体(連接接地線)を敷設し,その連接接地線に対し,鉄道構造物の鉄筋,変電所の網状接地極,信号・通信設備の接地を接続する連接接地方式が主流である。しかし,日本の新幹線や在来線では,連接接地線は存在しておらず,変電所の網状接地極,信号設備の接地,通信設備の接地は,共用されておらず,個別接地方式となっている。特に,国内の信号設備においては,非接地方式を採用してきた経緯がある。今後海外への鉄道技術の移転を進める際に,上記のような海外鉄道と国内鉄道の接地システムに対する考え方の相違は大きな問題となりかねない。本報告書は,主に鉄道信号設備の接地システムに関して,(1) 信号設備の接地に対する考え方の推移と特徴,(2) 海外高速鉄道における接地システムの調査,(3) 軌道回路のインピーダンスボンド中性点接地によるレール電位上昇への影響,(4) 軌道回路のインピーダンスボンド中性点接地によるレール破断検知性能への影響,(5) 接地方式による通信線への電磁誘導の影響,(6) 接地方式による耐地絡性能,耐雷性能への影響,について取りまとめたものである。
■要約(英語) The current social needs that the suspension of transport services should be avoided as much as possible, it is strongly desirable to improve the resistance to electromagnetic environments such as ground faults, lightning, electromagnetic induction, etc. Meanwhile, ground faults, lightning, and injuries caused by electromagnetic induction are often involved in the earthing system. In overseas country, a dedicated earthing conductor is laid and a connecting earthing method is adopted. However, in the Shinkansen bullet train or the conventional line in Japan, there is no earthing conductor, the meshed earthing pole of the substation, the earthing of the signal equipment, the earthing of the communication equipment are not shared and become individual earthing system. In particular, in domestic signalling facilities, a non- earthing system is adopted. This report is mainly concerned with the earthing system of railway signalling equipment, (1) the trends and features of thinking toward signalling of signalling equipment, (2) investigation of earthing system at overseas high-speed railway, (3) impedance bond of track circuit (4) the influence of the impedance bond of the track circuit on the rail fracture detection performance due to the neutral point earthing, (5) the influence of the electromagnetic induction on the communication line by the earthing method, (6) Ground fault resistance by earthing method, and influence on lightning protection performance. g method, (6) Ground fault resistance by earthing method, and influence on lightning protection performance.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 4,409Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.