HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥2,268
・一般価格 ¥3,240
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1447
■ページ数 56ページ
■発行日
2018/12/10
■タイトル 電力設備等周辺の電磁界計算における標準モデルの構築
■タイトル(英語) Establishing Standard Models for Calculation of Electric and Magnetic Fields near Power Facilities
■著者名 電力設備等周辺の電磁界計算における標準モデル調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Standard Models for Calculation of Electric and Magnetic Fields near Power Facilities
■価格 会員 ¥2,268 一般 ¥3,240
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【B】電力・エネルギー部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 磁界計算,電界計算,電力設備,標準モデル,ビオ・サバールの法則/Magnetic field calculation, Electric field calculation, Power facility, Standard model, Biot-savart law
■要約(日本語) 電力設備などの設計・運用においては,高電圧架空送電線下に生じる商用周波の電界や,送配変電設備全般に対し,その周辺に生じる商用周波の磁界について,人体へのばく露を考慮することが必要となっている。高電圧架空送電線下における電界の計算や,ビオ・サバールの法則を用いた電力線周辺の磁界の計算は比較的簡便に行えることが知られている。これらの計算プログラムの検証の際,あるいは新たにプログラムを作成する際に,共通のモデル(計算例題あるいはベンチマークモデル)があれば有用である。以上のような背景により,電力設備等の電磁界計算における共通のモデル(標準モデル)を作成することを目的とし,電気学会電力・エネルギー部門高電圧技術委員会に,「電力設備等周辺の電磁界計算における標準モデル調査専門委員会」が設置され,2015年10月より2017年9月までの2年間,活動が行われ,計8回の委員会が開催された。標準モデル作成の検討対象は多岐に亘っているため,委員会構成メンバーとして,電力,鉄道,建設会社,大学,研究所など幅広い分野からメンバーの参加を得て委員会を構成した。本技術報告は,これらの調査研究活動において実施した,各種電力設備周辺電磁界に対する標準モデルと計算結果についてとりまとめたものである。27種類の電力設備等の電磁界計算標準モデルを作成し,各モデルごと,複数の委員により計算を実施し,計算結果を示した。
■要約(英語) The electric power facilities are designed by considering exposure of human body to the power frequency electric and magnetic fields generated by them. Calculation of magnetic field around power line can be achieved by using Bio-Savart's law. Reference models (calculation example or benchmark model) are helpful when verifying these calculation programs or when creating new programs. With this background, Investigating R&D Committee on Standard Models for Calculation of Electric and Magnetic Fields near Power Facilities was set up in the high voltage technical committee of the electric power and energy sector of the Institute of Electrical Engineers of Japan, and carried out activities for two years. Since the subjects of the reference models are diverse, members constituting committee were from a wide range of institutions such as electric power, railroad, construction company, university, and research institute. This technical report summarizes the reference models and the calculation results conducted by members for the electromagnetic fields around various power facilities. The 27 reference models and reliable calculation results are shown in this report.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

スマートグリッドにおけるEMC課題59ページ¥3,369(税込)
太陽光発電システムの価値向上技術の現状と展望90ページ¥4,147(税込)
太陽光発電の大量連系に対応する電力系統との相互協調運用技術78ページ¥3,888(税込)
国内外の架空送電線用電線及び電線付属品の技術動向94ページ¥4,276(税込)
系統運用者から見た電力設備の運用限度98ページ¥4,406(税込)
電力系統における蓄電池利用・制御技術120ページ¥4,924(税込)
パワーエレクトロニクス用コントロールシステム構成要素32ページ¥2,592(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.